南総里見八犬伝の安房・館山の眼下に太平洋と伊豆諸島を望む高台に、巨大なガンダーラ様式の
釈迦涅槃(ねはん)仏が横たわっている。青銅の涅槃仏としては世界最大(体長
16m、高さ 3.75m、
重さ
30t)と説明書きにある通り、確かにその大きさに圧倒される。

歴史はさほど古いものではないらしい。さる尼僧が仏の受記を得て、発願から22年の歳月を経て
昭和
57年(1982年)に建立と聴いた以外の詳細は判らない。山号は常楽山萬徳寺。
露座の涅槃仏以外に堂宇は見あたらなかった。

一見に値するので、房総ドライブの折にお詣りするとご利益があるかもしれない。

      
      
            
              

トップに戻る
寄稿の目次へ