第90回全国高校野球選手権記念大会 南・北神奈川大会
              
横須賀高校 第1回戦

横須賀高校第1回戦は7月13日(月)保土ヶ谷球場にて9時30分試合開始により
対舞岡高校戦が行われ、横高は4対3にて勝ちました。
その試合の模様を下記のデジカメ・ショットをまじえお伝えします。

8期で応援に駆けつけたのは写真の右から
近藤、倉田、堤箸、足立と別席の松井の5人      女子生徒の声援は華やかです。

  
 

試合開始直後、横高は相手の体制が十分に整わぬうちにヒットとエラーで瞬く間に3点を取り
3回には5番センター高橋の本大会第1号、レフトスタンドに飛び込む見事なホームランで4対ゼロとしました。
しかしこのまま行くはずはありません。
案の定、6回相手は横高守備陣の乱れにより3点を取り1点差に詰め寄り、後半はどちらかと言うと
舞岡高校が押し気味だったようですが両チーム共得点は無く、横高は7回交代の投手が良く押え
そのまま横高が4対3で逃げ切りました。  
    
  
     試合終了両チームの挨拶             横高選手はスコアーボードに向かい校旗掲揚
                                 を待つばかりです。

  

          

横高の第2回戦は15日(火)横須賀球場午後2時30分試合開始にて対三浦高校戦が
行われます。皆さん是非応戦に駆けつけましょう。

ここでお願いがあります。
試合終了後、勝利チームの校旗掲揚の際は応援の皆様は脱帽起立し、校歌の掲揚を
仰いで下さい。今回生徒がそのようにしているのに、常識をわき巻いているはずの応援の
年配諸氏が座り込んだままの方が多いのが気になりました。
最近の若い者は、などと言ってはおられません。どうか模範を示してください。

トップへ戻る