横八会員投稿 No.259


題材   季節の便り他 2通
投稿者  伊藤 博  (7組)
掲載   2008,05,14


その1  5月7日付  季節の便り 
                         牡丹
 
千葉公園の牡丹をご覧下さい。牡丹が咲き終わるのを待つようにして、
やがてすぐに芍薬の季節になります。
 「立てば芍薬、座れば牡丹」は古来美人を形容する言葉ですが、でもはてな? 
牡丹は樹木、芍薬は草で、一見すると高さが逆で不思議に感じます。
でも、(芍薬はまだ蕾ですが)よく観ると、木は枝をはり曲がりますが、
草は常に真っ直ぐに立ってその姿が爽やかです。

 

 
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その2  5月13日付  信州便り
 

 
信州のスナップを少々。この時期はまだチョット山道に立ち入ると「熊避けの鈴」が必要です。
標高の関係で今ごろ桜が盛りです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その3. 5月11日付け 新聞記事から
 
                                   小泉元首相の音楽遍歴
 
5月11日付日本経済新聞の書評に、小泉さんの著作・「音楽遍歴」がありましたので
転載しご紹介します。
彼の出た馬堀中学は、私の頃はまだ楽器を弾く人はほとんど見あたらず、オーケストラなども
ありませんでした。
爾来、私も音楽を友として今日まで続けていて良かったなと実感しています。
音楽を愛する彼との共通点は、理屈を抜きに良いもを味わい楽しむ点でしょう。
前は海、後ろは山で風光明媚な環境に恵まれた学校の育んだ校風でしょうか。


トップに戻る
寄稿の目次へ