新刊紹介

横八会員投稿 No.227

題名   新刊紹介
投稿者  伊藤 博 (8組)
掲載   2008.02.05

吉田章一著「江戸落語便利帳」(青蛙社、平成20年1月発行、3,200円)

落語を聴くために「江戸」を知るも一興。江戸を知るために「落語」を聴くのも愉快。

落語・常磐津研究の泰斗である学僚の吉田先生(横八HPでも紹介)がこれまでの研究
の蘊蓄を判りやすくて読みやすくした逸品。

落語フアンのみならず江戸文化に多少とも興味がある人には必携の書。在るとても便利な一冊。
図版も豊富で索引も充実、項目別に逆引きもできる。気軽に江戸の生活を知る百科事典。
また、何処を開いても読み物として面白い。
さらに、附記の長編人情噺・文芸噺編は白眉で、
これだけでも優に一冊になる内容の濃い外題別の解説書でもある。

「人の世のくらしとしきたりは時の移ろいとともにゆるやかに変わっていくが、見違えるほど
異なってしまった昔のくらのも、落語を聴くとその中にいしぶみのように生き残っている。
落語を聴いてそれを思い起こせば、楽しみながら日本人の原点に触れることができる」との
著者の意図が見事に結実している。

江戸風俗を知りたければ、なにはなくともまず紐解くお勧めの一冊である。
是非書店で手にとってご覧になってみては如何。

トップに戻る
寄稿の目次へ