横八会員寄稿 No.139

題名  :IP電話へ切替に伴うご注意
寄稿者 :近藤礼三 (6組)
掲載  :2006.09.14
 

     当投稿は「チャット」にも書き込みましたが、皆様へのご参考になればと残したいため、この欄に
     ダブらせて掲載させて頂きます。

昨年7月、我が宅のインターネットをひかり通信にグレードアップすると共に電話もIP電話へと切替えました。
しかし、コマーシャルに乗せられ素人が簡単に飛び付くと意外な盲点があることを、以下の私の経験を
参考にご記憶下さい。

1.1年前のIP電話切換発効の当日、朝から電話が全く無いので今日は静かで良いなと感じていましたが、
  やはりおかしいので、近くの公衆電話から我が宅へ電話をしても通じない。
  そこでテクニカルサービスへ問合せた結果、契約発効と共にNTT番号からIP電話契約通知に記載された
  番号に自動的に切替るという返事を受け大慌て。
  約40年親しんだ電話番号が突然替ったのでは、不便極まりません。

  そこで説明書を調べた結果、NTTとIP電話番号のどちらを選ぶかの選定が可能であり、急遽元のNTT
  番号に戻しほっと一息、以降IP回線でNTT番号を使用し問題なく1年2ヶ月が経過しました。

2.しかしIP電話に切替えても、NTTの請求は毎月発生し、基本料1,700円に加え諸々で毎月約2,500円、
  年額で30,000円を越える出費が発生しては、IP電話に切換たメリットがありません。
  そこで、NTT番号がそのまま使えることを鵜呑みにし、時報、天気予報、無料電話等の0スタートのサービス
  電話が使えなくなることを承知の上で、このたびNTT回線契約を「休止切替」の決断をしました。

3.9月13日より休止契約が発効。
  朝から全く電話ば掛かって来ない。静かで良いがやはり問題である。
  先ず時報の117、天気予報の177へ掛けると通じない。これは予期した通りです。
  次にケイタイから我が宅へ電話をすると、「この電話番号は現在使われておりません」のアナウンスが返るだけ。
  つまりNTT番号は「もう使えない、事実上死んだ」との結果でした。

  「もう使えない」では困るので、元のNTT番号を使えるようにするのはどうしたら良いのかとの問いに、
  「NTT回線契約を休止にした以上は、もうNTT番号に戻すにはには休止を取消手続きが必要」とのこと。
  考えてみると、休止の電話番号が使えないのは当然ことかも知れません。

4.しかし、NTT契約を復活させたのでは元の木阿弥であり、復活を断念。
  我家の電話番号の切換を急遽皆様にお知らせした次第であります。

ひかり通信の普及と共に、今後私と同じ経過を辿る方が続発すると思います。
家計を助けようと簡単に飛び付くと意外な落とし穴があることを、私の「テツ」を参考として知っていただければ
幸いです。

 トップへ戻る 
一覧へ