横八会員寄稿 No.128
題目:大腸がんの内視鏡検査受検記
寄稿:近藤礼三 (6組)
掲載:2006.08.01


親友が大腸がんを患ったり、私の同じ年代で大腸がんを経験した親父の遺伝子、また最近往年の太さには
程遠い大便のサイズを考えると、やはり多少は大腸がんが気になります。

そこで、この数年間、これまでは隔年毎に受けていた自主健康検査を今回は下記の条件にて受検しました。

検査場所:横浜市民病院がん検診センター  
申し込み :2006年5月24日
検査項目:以下の通り  
            1. 前立腺がん:従来通り血液検査
            2. 大腸がん  :従来は便検査からX線検査にグレードアップ

一次検査:6月6日 
一次検査の医師説明:6月22日
     その結果  1.前立腺がん:前立腺肥大症を認めるも基準値以下のため精密検査の必要なし。
             2.大腸に若干のポリープあり、S字結腸部に判別不明の微小点があり内視鏡検査による
               二次検査の必要がある。

そこで我が生涯で始めての内視鏡による検査を受けましたので、以下その経験を記載します。

内視鏡による二次検査
検査場所:横浜市民病院2階 内視鏡検査室
検査日時:7月31日 午後2時

  * 3日前から睡眠前に便促進と腸内清掃の薬、アジャスト2錠を内服
  * 検査前日はおかゆと味噌汁の検査食のみで前日のアルコールは禁止
  * 検査の前夜、ムーベンという経口腸管洗浄剤2リットルの水に溶かし冷蔵庫で冷やし飲み易くした飲物を、
    起床時から検査2時間前までに飲用し、数回の便で腸内の堆積物を全て排出し大腸内をすっきりします。
    でも1升びん以上の2リットルを飲み干すのですよ。
    私は完結したけど、普通の人は病院の言い付け通り出来るのかな?

    そして病院へ

先ずは内視鏡検査室が7室もあり、フル稼働にはびっくり。検査服に着替え検査室へ。
右腕の上部にお尻の穴の緊張をほぐす注射をして検査開始。
  
  * お尻の穴に内視鏡を通すソケットを入れる。痛い!
  * そして挿入。空気で大腸を膨らまし通りを良くし、管を先へ進める時は、時に突き上げるような鈍痛を感じ、拳を握り締め
    顔を歪めます。耐えられぬ痛みではないけど嫌なものです。
      
      梶川諭君(1組)によると、本人の麻酔処置のリクエストのより、彼は麻酔状態で検査を受けたので
      全く痛みを感じないまま検査がいつのまにか終わったとのことです。
      但し、本人が希望しない限り麻酔処置は行わないとのことです。今後のご参考に。
                                               

  * 私は普通より大腸が長いようで、奥まで進めるかどうか医師が問うたので、やって下さいと返事をし、大奥まで達した時は
    医師、看護士がどうやら届いたようだ、との対話でした。
  * ポリープが若干あり取りましょう、との問いに、お願いします、との返事。ホピープの除去は痛みは全く感じません。
  * 検査は30分位で終わるかなと思っていましたが約40分。ポリープは合計4個でいづれも4mm以下です、との返事でした。
  * 検査結果は、8月9日がん検の担当医師より結果をお知らせするとのことです。

    検査終了後、下腹は空気でパンパンに膨らみ、狸みたいで嫌な気分。帰宅後、度重なるオナラが出て、
    寝る前にどうやら元に戻りました。

そして、8月9日大腸内視鏡検査の結果の医師の所見は次のとおりでした。

    「小さい良性ポリープ4個を検視し除去、現時点がんの兆候は見られません。」
          
    なんと申込みから最終判決まで2ヶ月半を要しました。
    もしがんでしたら、この間に相当進行しているでしょう。

    さらに、今後は1年単位の検査を推称され、X線検査を経ずに直接内視鏡検査を受ける
    診断も良いでしょう、と言われました。


今回の検査で感じたこと。
    * 検査申し込みから結果が出るまでの期間はなんと2ヶ月半。
        もしがんだったら、この間にかなり進行していたでしょう。
    * 病院に出向いた回数は合計5回
        私は自宅から病院までバイクで20分。
        あの不便な横浜市民病院の場所を考えると、普通の人なら半日か一日仕事です。
    * 健康保険適用の本人自己負担金額は下記の通りです。
    
         基本診療費、基本検査料  \2,680
         前立腺血液検査料+大腸がんX線検査料  \ 10,200
         大腸がん内視鏡検査料  \ 13,230
         内視鏡検査の医師所見  \210 
                          
                                 合計 26,510

私達は企業に在籍中は、年1度の健康検査でそれなりの健康管理がなされていましたが、企業を離れると
あとは、自主管理に頼るだけですが、かなり面倒なこともわかりました。
皆様のご参考になれば幸いと思います。

 トップへ戻る
一覧へ

  追記1 :今回の検査にて感じた検査の変遷
      昨今は内視鏡検査が急速に進歩し、X線検査に先んじた印象を受けました。
      X線検査で判別不能だと内視鏡検査で確認、と言う手順です。
      検査前日の検査食の味気なさ、アルコール禁止の侘しさは1回で沢山です。
      どうせならいきなり内視鏡検査を受けた方が手っ取り早いのではないか、と思います。

      今後、検査の祭は是非、医師に確認して下さい。
      また、8組の村田医師にも今度会った時に伺って見ます。