横八会員寄稿 No.119

寄稿:梶川 諭 (1組)
掲載:060527
題目:日本の別荘第1号


八代君の紀行文「旧中仙道を歩く」の一節
  「二手橋を渡ると林の中に別荘が点在する。足取りも軽く5分も進むと、立派なショウハウスがあり、案内板に
  日本の別荘第1号とあった。」
を読み、梶川君から
  「私の妹の住居が軽井沢にあり、この近辺は何回となく散策しており、このショーハウスは良く知っています。」
と言って、下記の写真が届きましたので、八代君の紀行文に合わせご覧下さい。

 

 トップへ戻る
一覧へ
八代君の紀行文へ