横八会員寄稿 No.116


題目 5組級友,石田重森君の図書紹介
寄稿 成瀬哲郎 (5組)
掲載 2006年5月6日


横高八期ITメンバー各位。
 
早、桜は散り、つつじの季節を迎えています。お元気でお過ごしの事と思います。
 
現在、日本国で心配される問題は、外交問題、憲法改正問題、教育基本法改正問題、
靖国問題、皇室典範改正問題等々、目白押しに詰まっています。
 
しかし、最も我々の身近で憂うべきは、少子・高齢社会の問題ではないでしょうか。
少子・高齢社会における年金・医療・介護の問題はこれからは避けて通る事は出来ません。
 
これらの問題に対し、真っ向から取り組んで我々将来に明るい道筋をつけられんと研究されている、
横高八期の仲間をご紹介したいと思います。
 
八期卒業・5組の石田 重森君です。
詳細は本添付ファイルでご案内致しますが、彼は現在日本の社会保障の第一の権威者であります。
 
この度、素晴らしい研究成果を一冊の本に纏められ出版されましたので、この場をお借りして
ご紹介申し上げます。
是非ご一読されん事を願っております。
 
宜しくお願い申し上げます。

     
 
 トップへ戻る
一覧へ