横八会員投稿 No.359

題名:私も「剣岳 点の記」を鑑賞して来ました。
投稿:梶川 諭 (1組)
掲載:2009.07.04

剣岳は私が若かりし頃、長次郎の雪渓で滑落し、危うく昇天するところであった山ですが

今となっては大変懐かしく思います。やはり日本の山では最も危険を伴う所と思います。

是非予告編を見て下さい。感動で見に行きたく成るかも知れませんよ。


近藤添書
私はお恥ずかしいながら原作を読んでいませんでした。
映画の印象が濃かったので、映画と原作を較べたくて3日前に文春文庫、剣岳(点の記)新田次郎著、
¥720(税共)を購入、まだ初めの方の予備調査で主人公の柴崎芳太郎と山案内人の長太郎が人夫2人
と共に室堂平から雷鳥沢に向い、途中の洞窟の中で行者を目にするシーンを読んでいました。
ここまでのところ、この映画の各々のシーンが原作に実に忠実に描かれているので感心していたところです。
    (宮崎あおいが主人公の柴崎の新妻・葉津よを再現していることまでも)
もし原作を読んでおりませんでしたら、この際是非原作をお読みになることお勧めします。

トップに戻る
寄稿の目次へ