横八会員投稿 No.328

題目 桜は全てを蔽います
投稿 近藤礼三 (6組)
掲載 2009.04.10

満開も過ぎ早くも散り始めた桜、初夏を思わせる春の午後、家に居ては勿体ないと半袖に着替え
デジカメをポケットにぶらりと一人で出発。
目的地は数日前にNHKテレビで放映され、今や横浜桜名所の一つとなった横浜日の出町から
黄金町の大岡川の河岸で,自宅から徒歩で片道6キロと軽いものです。

大岡川はその名の通り上大岡からほぼ京急に沿い横浜港へとそそぎ、かっては悪臭を放っていた汚水も
近年すっかり浄化され、流域の各所では鯉が放たれるなどすっかりと市民に親しまれています。
NHKテレビは昨年からか季節限定で運航が始まった屋形船が日の出町から黄金町辺りの両岸の
桜が川面に垂れ掛かる中をゆったりと巡る光景を写したものでした。

ところで皆様、半世紀前のこの界隈の光景をご記憶ですか?
一昔前までは、横浜の赤、青線街として立入りを憚る領域だったのです。
さすがは横浜、悪臭を放ち黒くどよんでいた大岡川は見事に生き返り、河岸の街並みも健全に生まれ
変わり、奥に入ると僅かながらも往年の面影は留めてはいますが、市民が安心して歩けるようになりました。

横浜桜木町駅の東側のみなとみらいは平成の都市作りとして人気が高まる一方、西側一帯は
昭和の香りとアンテックな雰囲気が残っています。
特に市営地下鉄・桜木町駅にある地下3階の食堂や国道16号を渡った野毛の飲み屋街は
我らの青春時代の懐かしさを感じさせます。

今年も4月28〜29日に野毛山大道芸が行われるので、この機会に西側へも足を延ばして下さい。

   


   

トップに戻る
寄稿の目次へ