横八会員投稿 No.314

題名 Windows 対 Vista トラブル 続3
投稿 近藤礼三 (6組)
掲載 2009.02.16


ビデオカメラとパソコンの相性に注意!

私のパソコンが僅か5年余で代わり、OSも時代の流れでWindows XP から Vistaへに変わりました。
その結果本来ならば使い易くなるはずなのに、スタートして2週間は不慣れのためかどうも逆のようです。
これまで使い慣れたソフトの表示が変わるだけならそのうちに慣れるでしょうけど、愛用のソフトが使用不可になり、
それらの保存資料が闇に消え去るのは怒りが先に立ちます。

その中の一つとして前回は静止画の写真ソフト「蔵衛門」が通用しなくなり、CD-ROMに保存していた2年分の
写真がごみとなった一件を書きましたが、今度はお馴染みデジカメムービーで撮影した動画のDVD作りが出来
なくなったことを加えます。

さて、2月14日(土)は息子の結婚式がありました。
横八レクや丑寅エイトにご参加の方々ならご承知の我が愛用のSanyoデジカメ・ムビーカメラで、結婚式の様々な
場面を静止画と動画を交えて写しました。
我がカメラの仕様は下記の通りです。
    製品名称  Sanyoデジタルムービーカメラ  DMX-HDIA
    購入日   2006年12月24日  
    店頭定価  \79,800  ポイント割引で実質¥55,860の支払い  
  (実質は同一製品なのにSonyブランドと化けるとお値段は約3割アップ、Sanyoを選びました。)   
    付属ソフト  Photo Explorer 8.5 Basic、 DVD Movier Writer 5 SE

上記の付属ソフトの後者は動画用のDVD Movie Writerは動画を撮影後のDVD作りには重宝しておりました。

結婚式の翌日、デジカメに収めた成果品を分けてやろうと、静止画をプリントやスライドに、動画はDVDにと、意気
揚々と取り掛かりました。
しかし、残念ながらまたまた強力なパンチを喰らいましたので、その経過をご参考に報告しましょう。

1.静止画はWindow Vista版パソコンにインストールされているソフトが何とか使えました。
2.問題は動画の方です。
  新パソコンに購入時にインストールされているDVD MovieWriter 及びWindows ムービーメーカー共、静止画像には
  対応しますが動画は無反応で呼び出せません。
  そのため静止画像だけを対象に編集しスライドを作成しました。

  動画も何とかしなければと、前のカメラの付属していたソフトDVD Movier Writer 5 SEを新パソコンにインストール、
  試みた結果は以下の通りです。
  
   * 動画を呼び出しDVDを作るステップまではソフトが作動する。
   * その後の画面で、作成部数の項が暗転のままでおかしいとは思いながらもDVDデイスクを挿入。
   * スタートをクリックするとパソコンは作動し、その後何とか動いているようでしたが、暫くするとDVDデイスクが
     吐き出されました。
   * 少し早すぎるな、とは思いながら、DVD再生機に掛けたところ予想通りでエラーの表示でした。

  危惧した通りの結果です。
  
  そのため新パソコンのテクニカル・サービスに問い合わせのメールを作成、同時に「困ったときには」という資料を見ると、
  前パソコンの動画ソフト「Ulead DVD Writer 5 は新パソコンの「Windows Vista 及びWindows Vista with Service
  Pack 1」には機能せず、改良ダヴィングサービスも計画無し」の記載を発見。
  結論を申せば、我が愛用のデジカメ・ムービーは僅か2年2カ月の短命で動画の機能は用を為さなくなった、つまり
  半身不随になったとの宣告です。
  怒り心頭、ユーザーをあまりにも無視した宣告です。

この教訓から皆様にお伝えしたいことは次の通りです。
  今後、ムービーやパソコンを購入したり、買い替えたりする方は、双方の相性を必ず確認する必要があります。
  そして、この問いに対する売り場の店員の即答を鵜呑みにせず資料を要求、または販売メーカーに確認の上、
  購入することが必須の条件です。

さて、坊主に憎けりゃあ、袈裟まで憎し。
この機会に私が腹が立ったのは、MIcrosoft という企業です。
Microsoftは皆様ご承知の通りのコンピュータの帝王で、Windowsという武器でWindows 95で世に現れ、98,2000、Xp,
Vistaと変わって行きました。
当初は次第に使い易くなり、フリーズも減りXpでやれやれと思っていたのが,Vistaでがっくり。
技術改良よりも、小手先の変化で金儲けが見え見えのようです。
その結果、付いて行けない古いOSのユーザーは切り捨て御免、OSの流れに遅れた商品は不良債権と同様にごみの山
となり、その損失は計り知れません。私もそのトバッチリを喰らいました。
せめて、我が願いとして新OSを世に出す条件として、これまでに使用していたソフトがごみとしない規制やFollowを
義務づけることが出来ないものかと思います。

ところで話は変わりますが、Microsoftに僅かながらも立向かう東京大学、武村健教授の創始による日本製のOS
TRONはいかがなものでしょうか。横浜駅西口のヨドバシ・カメラの書籍ブロックの一角に小さなコーナーを見付け、巨大マンモス
に立向かうネズミに期待するところが大ですが。
日本の将来に生きる糧はこの類のものベストと思われますので。

トップに戻る
寄稿の目次へ