横八会員寄稿 No.287

題名 母校創設100周年資料室の猪熊功のコナーを見る
投稿 文:近藤礼三(6組)、 写真:金塚彰夫(3組) 
掲載 2008.10.06

10月4日(土)午後1時から3時、来たる11日(土)に開催される第3回神奈川校歌祭の2回目
の練習が母校記念館にて行われ先輩、同輩、現役の100名近くが集まり、当日に備え熱のこもる
練習が行なわれました。

練習終了時に校歌祭幹事の方から、校舎内の1教室に設けられた創設100周年資料室が
2〜3週間後のオープンに向け準備中ではありますが、この機会に是非見て欲しいとの勧めで
校舎の3階にある資料室を近藤、金塚、伊藤義郎の3人にて訪れました。
資料室は次の3コーナーに分かれています。
  1. 初代校長の吉田庫三のプロフイルと記念品
  2. 2002年ノーベル物理学賞受賞者、小柴晶俊氏のプロフイルとカミオゾンデのパネル展示
  3. 東京オリンピック柔道の重量級優勝者、猪熊功の記念品

そのうち3は昭和39年に開催された東京オリンピックの柔道の重量級にて優勝した我等の同窓、
故猪熊功君(4組)のコーナーであり、彼の栄誉を記念する展示品が並べられています。
なお目玉の金メダルは9月27,28日に行われた横高学校祭の時に本物が展示されたとのこと
ですが、残念ながらその後は写真だけになってしまいました。


 

              

トップに戻る
寄稿の目次へ