平成19年横須賀高校八期総会・同窓会の報告

                                          近藤礼三 (6組)

平成19年11月24日(土)午後1時から5時、さいか屋、グルメホール南館4Fにて平成19年の総会・同総会
は出席者83名にて盛大に催され、その模様をお伝えします。

1.総会に先立つイベントととして午後1時より次のトークショウーが行なわれ、出席者のほぼ全員が講師の爽やかな
  話に「若いって羨ましい、」と講師に魅入られたようです。
  
  講師は宮田 珠巳氏: 3組宮田(旧姓嵯峨山)くみ子さんの息子さん。  
     1964年兵庫県宝塚生まれ、阪大工学部卒、趣味の旅行が嵩じ1995年脱サラし紀行作家として独立。
     諸国紀行を題材に多くの著書を出版、最近の書き物はJAL機内誌にエッセイを掲載しています。
             

      

  今回は「180日間ユーラシア大陸横断」と題し、新婚間もない夫婦で日本から韓国の釜山までは船で渡った後、
  釜山からからヨーロッパまでの陸路を鉄道やバスを乗り継ぎリックを担いで何と延々180日間に及ぶ貧乏旅行、
  途中で出くわした様々な体験をスライドを交えユーモアたっぷりに話してくれました。
           
      日本からヨーロッパまで陸路で合法的に行くには下図に示す4ルートが考えられるそうですが、様々な
      要素を検討の結果、赤線で示すルートを選び、二人は出発しました。

  

 
 韓国、北朝鮮、中国、パキスタンと話が進んだところで残念ながら持ち時間の2時15分迄が来てしまい、ゴールまで
  行き着かなかったのが残念でしたが、普通の旅行書に載っていない道中のリアルな話が聞けた楽しい機会でした。
  また今回の総会参加者全員に著書「わたしの旅になにをする。」が配られました。

2. 参加者全員写真    写真撮影 石渡和夫 (6組)
   

 
3.総会及び懇親会  
  1. 開会:進行は前回に同じく今成伸二(8組)が担当しました。 
  2. 物故者への黙祷
     今回鬼籍に入られた以下の6名に対し黙祷が捧げられました。
     中津靖夫(6組)、中村泰司(8組)、杉原玄郎(3組)、八代紳(8組)、石川昌彦(4組)、鈴木 修(5組)
  3. 八期会役員の挨拶  
       
        八期会会長 松生 渾 (8組)
             昨年催された50周年の報告
                                          プロジェクトリーダー 飯田恵一郎(8組)
        
      
                    八期会会計報告 会計 落合茂夫 (5組)              
                  
  
   4.懇親会のスタートです。    
        今回の乾杯の音頭は最後に出席の申込みをした原田雄二(7組)にお鉢が回りました。
               
                            
                            懇親会の場面から
        
   
       
     
       
                  
               懇親会はたけなわですがそろそろ結びのプログラムに入ります。     


   5. 校歌斉唱   指揮は近藤礼三 (6組)
      昨年、今年の神奈川校歌祭に出場した8名が壇上に立ち、力強く歌い上げました。
   6. 閉会の挨拶は八期会副会長の佐々木(旧姓中村)寛子(1組)です。
                   
   7. 手締めは河崎清二(2組)元応援団長の力の篭る指揮の下、今年の同窓会は幕を閉じました。
       
           
                    そして二次会、何処へと消えて行きました。
                   

トップへ戻る
八会の頁へ


4. 今回の資料
  

  
トップへ戻る
八会の頁へ