丑寅エイト 第229回 報告

首題:丑寅の寺を訪ねる。
    葉山の玉蔵院(千支守霊場丑寅の寺)を訪ね住職の法話を聴講する
日時:令和2年(2020年)2月27日(木) 
    京急バス JR逗子駅発12番 13:26分乗車、葉山「一色海岸」バス停13:45分集合
当会幹事:伊藤義郎

寒風が強いが雲一つない晴天、コロナウイールス感染で騒がれし中、バス停には丑寅生まれ
(足立夫人を除く)、以下の善男善女元気老人13名が集いました。
 
  伊藤、安藤、石川、吉田、小池、佐々木、三野、足立夫妻、倉田、互井、三浦、近藤、

最初の訪問地、「葉山しおさい公園」、「葉山しおさい博物館」を見学小1時間。


      
              葉山しおさい公園、しおさい博物館Hp

徒歩10分弱で午後3時、「高野山真言宗守護玉蔵院(ぎょくぞういん)千支霊場丑寅の寺に到着、
住職一家の暖かい出迎を受けました。
そして住職:本多 清法師より、「十二支の御守本尊」、「丑寅歳の寺の由来」等の資料を頂き
懇切丁寧な説明を受けました。

資料枚数が多いため、内容の一部を以下に整理し記します。
 
1. 十二支のお守りご本尊とご利益について

  十二支と生まれた月 お守りご本尊  ご本尊のご利益 
 子(ね)年と12月生まれの人  千手観音菩薩  一切衆生を救うため、千の目と千の具足を有し、目と手は慈悲と救済の働きのための無量無辺なることを表す。
 2  丑(うし)年と1,2月生まれの人  虚空蔵菩薩   計り知れない智慧と福徳を備え、衆生の諸願を成就させてくれる菩薩
 3  寅(とら)年と同上
 4  卯(う)年と3月生まれの人  文就菩薩  「文殊の知恵」と言われるうおうに諸仏の智慧を司る。
 5  辰(たつ)年と4月生まれの人  普賢菩薩   理知、功徳、教化、衆生を生死の苦海から救い、悟りの境地(彼岸)に導くとされる。
 6  巳(み)年と同上
 7  午(うま)年と6月生まれの人  勢至菩薩  智力を象徴し、智慧の光をもって万物を照らし、衆生の迷いを除き、無上力を得させ、苦を取り除く偉大な力を持つ菩薩
 8  申(さる)年と7,8月生まれの人  大日如来   真言密教の教主、宇宙の万物の智慧と慈愛の象徴
 9  未(ひつじ)年と同上
 10  酉(とり)年と9月生まれの人  不動明王  八大明王の一人でその主尊。
種々の煩悩、障害を焼き払い悪魔を降伏させ、行者を擁護し、菩薩を成就させ長寿を得させる。
 11  亥(い)年と10月生まれの人  阿弥陀如来   一切の衆生を救うため四十八の立てた
仏であり、浄土宗、真宗の本尊 
 12   戌(いぬ)年と同上

2. 玉蔵院本堂の正佛座の中央に、御本尊の第1位の大日如来、左座に不動明王、右座に聖観音菩薩が鎮座しています。
   そして、左側の副佛座には、我等丑寅の守り本尊の虚空蔵菩薩と七福神のご本尊・恵比寿様が鎮座しています。

   丑寅の本尊虚空蔵菩薩の説明は以下の通りです。


3. 関連資料のコピー
   
  今回訪れた守護山・玉蔵院紹介のパンフレットを下に示します。
  当院は葉山町最古の古刹、その直ぐ前に伊藤義郎宅があります。



当日の写真抜粋
   
  

  
  

追記

1、
玉蔵院には色々なご仏様が祭られていたので、私は混乱しました。
  今回の丑寅の玉蔵院訪問は、神仏の祭事の知識に疎い私は、この機会に
  お寺は単一のご本尊ではなく、複数のご本尊が祭られており、祭事の格式や種類により
  ご本尊を使い分けているという知識を学びました。
  やはりお寺は様々な祭事に備え、よろずのご本尊が必要なのですね。

玉蔵院のご本尊   祭事 
 中央正座:大日如来
 左座   :不動明王
 右座   :聖観世音菩薩 
 寺本来の行事
葬儀等
虚空蔵菩薩   干支
丑年・寅年 &1,2月生まれ
恵比寿様   七福神巡り

 我が得た知識にコメントがあれば、チャットや次回お目に掛かった時等にて教えて下さい。

2. 本日訪れた玉蔵院は逗子・葉山七福神巡り、七寺の一つの恵比寿様。
   私は数年前に七副神巡りで訪れました。

   7寺のうち東昌寺(福禄寿)は神武寺駅近いため、先ずは同駅を出発、次は東逗子駅に近い
   光照寺(寿老人)を経て横須賀線で逗子駅へ。
   そして駅に近い3寺を巡り、バスで仙光寺へ。
   仙光寺から少々長いが長柄交差点の葉山行きバス停まで徒歩。
   バス利用で玉蔵院に到着。
   下記のガイドをクリックし、来年は是非とも逗子・葉山七福神巡りを実現するべく頑張って下さい。
  
                湘南、逗子葉山七福神めぐりガイド
                                    

トップに戻る  
丑寅エイト目次へ