丑寅エイト 第227回   報告

開催:2019年12月26日
講師:石川勝之助 (3組)
首題:米国史、第1回.植民地から独立国への道程 


年の瀬が迫った当日の出席者は総勢13名。
図らずも今年の丑寅エイトの掉尾を飾ることになった。
米国の歴史シリーズの第一号として「米国史―植民地から独立国への道程」を演題とした。
米国は日本から見て近代史においては最も関係の深い外国の一つである。
高校時代の世界史の授業内容では工夫が足らないと考え、歴史上出来事を現代風に解釈したり、
意識的に脱線もした。
骨格の部分は以下の添付資料を参照されたい。






次回は来年3月例会で「米国の領土(50州)拡大の足跡―2」と題して実施する予定。

トップに戻る  
丑寅エイト目次へ