丑寅エイト 第218回

開催:2019年3月28日(木)
講師:三野勝義 (6組)
首題:それぞれの「生死観」  註:仏教用語で「生死:しようじ」と読みます。

三野君は佐島の最岸寺の住職、以前、近藤の6組が早く亡くなる仲間が多いので
供養を願い効用はあらか、以降その傾向がすっかり治まりました。

彼はまた文学の造詣が深く、お寺で講話を聴いたならばさぞや実になることと思います。
今日はその延長、それぞれの「生死観」というテーマで話です。

また、我らも最早80歳を越え、参加者全員が「死」が差し迫ることが現実となり、
互いに、それぞれの「死」に対する人生観を多少なりとも話し合った、これまでとは
異なるユニークな集いでもありました。

レジメは以下の通りです。


トップに戻る  
丑寅エイト目次へ