2017年夏 横八・逗子メート白馬3泊4日の旅行ガイド

今夏の旅行概要がほゞ固まりましたのでお届けします。

参加者は近藤、神澤、千葉、倉田、小松の5名にて確定、阪急旅行社の国内フリープラン+宿泊

コース番号:XH00004 、キャッチフレーズ「白馬で自然の涼を感じよう」を利用し行います。

当初、8月30日出発にて設定していましたが、白馬・猿倉行のバスの毎日運行は、前の週にて

今夏は打止めと分かり、折角の白馬の滞在で白馬の大雪渓の姿を見ないのは残念。
そこで、出発を8月24日(木)に早め、最終案として予約を済まし今回の旅行ガイドとしてお届けします。



1 日程
1日目、  8月24日(木) 出発

横浜駅東口YCAT1階ロビー内の高速バス受付付近に9時40分迄に集合。

高速バス JAMJAMライナーJX491便 10:00発に乗車

白馬みそらのバス停15:35着、 乗車時間は5時間35分の長期戦です。

みそらのバス停ー5分、5キロ、ホテルの送迎バス手配ーホテル着16:00

ホテルは「白馬ホテルオークフオレスト」 TEL.0261-85-2135

天然温泉、個室、洗面、トイレ付

2日目、 8月25日(金) 計画1
八方ネイチャーウオーク、「雲上の八方池を訪ねる自然研究路を歩く」を計画しています。

往路

ホテル出発9:00、徒歩2キロ、30分、ゴンドラリフトアダムの乗場着。

その後、八方池山荘(第1ケルン)まで以下の3基のリフトを乗り継ぎます。

往復料金

第1リフト ゴンドラリフトアダム 8分 \1,780

第2リフト アルペンクワッド 7分 \560

第3リフト グラートクワッド 5分 \1,120

合計 20分 \3,460

リフト終点着予定10:00
.
その後、自然研究路として整備されている下記の登山路を歩きます。
                  
八方池山荘(第1ケルン)→第2ケルン→八方池(第3ケルン)

歩行コースタイムは2時間、八方池(第3ケルン)到着12:30予定 弁当

帰路

八方池山荘(第1ケルン)出発13:00

折り返し1時間30分を予定し、八方池山荘(第1ケルン)到着14:30

第1リフトの乗場下車着15:30予定

リフト乗場ー徒歩2キロ、30分ーホテル着16:00


3日目、 8月26日(土) 計画2

白馬大雪渓の麓までの計画です。

アルビコ交通路線バスで白馬大雪渓にアクセスします。

往路

ホテル出発9:00 徒歩2キロ、30分、八方バスターミナルまで足課題

白馬八方バスターミナル9:43ー猿倉着10:07 ¥930@往復=\1,860

そして以下の登山路を歩きます。

猿倉荘10:30ー歩行1時間-白馬尻小屋11;30

これから先は大雪渓に入るので手前が我が一行の折り返し点 弁当

帰路、往路を引き返します。

白馬尻小屋12:00-歩行1時間-猿倉荘13:00

バス猿倉発13:50-白馬八方バスターミナル着14:12

八方バス停からホテルまで約2キロ、ホテル帰着15:00頃を予定

注記

1.計画1,2は天候、疲労、その他の要素により、入れ替も考慮します。

2.無理は禁物、全員の体調をみて先へ進むのが無理と判断した場合は引き返します。

4日目、 8月27日(日) 最終日

チェックアウト10:00、

白馬美術館見学 昼食

バス停までの足を検討

高速バスJAMJAMライナー、JX492便

八方バスターミナル15:15-又はー白馬みそらの15:20乗車-横浜YCAT20:55

* 高速バスの途中ドライブインはお酒は売っていないので乗車前に購入を薦めます.

2 今回の費用

パック料金 8月30日出発の時 見直し、8月24日出発

基本 \33,000

アンクアップ \3,000 \3,000

栂池リフト \3,000 無用取消

合計 \37,000 \36,000

\36,000を7月末日までに下記宛に振込みをお願いします。

また今月中にもし会う機会があれば、その時に現金でも結構です。

振込先:近藤礼三

今回その他の出費の想定は以下通りです。

宿夕食の飲物割り勘 1晩\1,500@3泊=\4,500

昼食、お小遣い \2,000@4日=\8,000

現地交通費 ¥3,460+¥1,860=¥5,320

土産、その他 \7,180

合計 \25,000 程度

3 用意するもの、服装、装備、その他

*両トレッキングは先日の筑波同様の服装や装備で結構です。

 それ以外は夏の標準的な服装です。

*今回は高度は2千メートルを越えますが、我々の年齢と体力の限界を越えず

  安全第一を基本とします。

*夜の会合に備え、酒肴品のお持ち込みを大歓迎します。

*旅行社の保険は掛けていません。保険証の持参をお願いします。

*8月の後半、当地の昼間の気温は平地同様、夜間もまだそれほど冷えないようです。

*今回私は車付きの機内持込のキャリアバックを利用し、その中に全部詰めていく予定です。

4 変更、取消の場合の対処

出発日の3週間前までの取消の場合は全額返金の規定です。

従って、今回は8月2日(水)以降の取消の場合には、旅行社規定が適用されるため

中止、変更の場合は、出来るだけ7月30日(日)迄に連絡を下さい。

今回は対旅行社の手続きはパソコン利用のWEB登録です。

WEB登録というのは、申込手続きは簡単な反面、変更の場合は電話オンリーで

電話がなかなか通じない。

私は7月31(月)~8月1日(火)に支払い手続きを行う予定ですが、支払い後の変更精算

は、かなり面倒なので、出来るだけ変更のないようにお願いします。

5 その他

1 今回の旅行社のパックの検討

前回は2012年7月30日出発、そしてパックはJTB「白馬のんびり3泊4日」。

近藤、神澤、千葉、足立、八木夫妻の計6名で行ったリバイバル版です。

前回の値段は宿は栂池でホテルは「栂池丘の上ホテル」

パック料金:2人1室¥19,800+1人1室¥1,000=¥20,800

神澤さんの室は浴室の上で熱かったようで、評判はイマイチでした。

今回は¥36,000と5年間で値段は相当にアップ、内容が伴っていることを期待するのみです。

ところで今回、自分でバス乗車券の購入やホテル手配をしたら、以下の値段になります。

高速バス料金: \3,800@2=\7,600

ホテル料金: \14 ,000@3=\42 000

合計 \49,600

パック料金が¥36,000と比較すると73%の値段、まあ旅行社の信用に期待しましょう。

                                       近藤

レクの頁に戻る