横八レク、筑波山一泊2日の計画         2017年3月15日版
                             レク委員 近藤礼三      
 
追記
   今回のレクの参加者は近藤、神澤、千葉、足立、小松、大川、石川の7名です。
   5月9日(火)にて参加申込を締め切らせて頂きます。    5月9日  近藤 
                         

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プラン名称:新緑の筑波一泊2日
  
  筑波山は茨城県つくば市の中心から北へ約20キロ、平野に盛り上がった海抜877mの独立峰です。、
  ふもの筑波神社のガマの油で誰もがご存じ山ながら、訪ねた仲間は意外と少ないようです。
  そこで、先日内輪の飲み会の席で当プランを決定、折角のプランでもあり、宿泊先に余裕があり
  そうなので輪を広げましたので是非ご参加下さい。

1.日程
  
  1日目:5月17日(水)
    
    秋葉原駅つくばエキスプレス駅の改札口前:10時30分 集合 
    
    注記:秋葉原つくばエキスプレス駅は、JR秋葉原駅の昭和通り側(電気街とは反対側)にある
        階段を下りた地下2階に改札口があります。
       そして。さらに階段を下った地下4階にホームがあるという非常に複雑です。
        そのため,初めての方は、JR京浜東北線や地下鉄日比谷線の秋葉原駅に10時着を目安
        に余裕をみてください。

    つくばエキスプレス秋葉原発予定  快特10:45-45分ー11:30つくば着

    駅付近のレストラン又はつくばエキスポセンターに入館後に館内の食堂にて昼食。
     
    つくばエキスポセンター入館し(¥410)、プラネタリューム入場(¥820) の予定しています。
    宿は元筑波大学の付属施設の筑波研修センター、ここまで徒歩約20分、宿泊手続をします。
    部屋はシングル洋室、素泊まり(¥3,700)を支払します。

    夕食は宿舎の食堂メニュー(¥500~¥800)で学生気分、その後近辺の居酒屋へという構想です。
 

  2日目:5月18日(木)
   
   7:30 朝食、焼き魚定食¥500の均一メニュー   
   8:00 チェックアウト後宿舎出発
       宿舎からつくばバスセンターまでは1.8キロ、徒歩30分弱。
       市内バスかタクシー利用の予定です。
       つくばバスセンターに到着
   9:00発 乗り場①つつじが丘行きに乗車
   9:36 筑波山神社にて下車  
   
   筑波山の上りはケーブルカー利用
  10:00 ケーブルカー宮脇駅(標高305m)発 乗車6分で山頂駅(標高800m)到着
       山頂駅は御御幸ヶ原と呼ばれる広場にあります。
       ここにa,自然探勝路へ向かう入口があり、少し進むとb.男体山へ分岐があります。
       今回a,bのいづれか、両方かは現地での状況判断とします。

       a, 自然探勝路一周:距離1.5キロ、標高差70m、平均所要時間60分
       b. 男体山(標高871m):上り15分、下り15分 
  
  12:10 御幸ヶ原出発、女体山山頂へ 上り25分 550m
  12:35 女体山山頂着(標高877m)、筑波山の頂上です。昼食、休憩  
  13:15 山頂出発、白雲橋コースを下り-35分ー弁慶茶屋跡
       弁慶茶屋跡にて、以下のいづれかのコースを下りることを決めます。
       1.白雲橋コースー下り45分ー酒迎場分岐ー15分ー筑波神社(標高300m)
       2.おたつ石コースー下り35分ーつつじヶ丘駅

 そして、到着後時間に余裕があれば、日帰り温泉を利用しバスでつつばバスセンターに
 到着します。
 バスの最終は、つつじヶ丘発17:00-筑波山神社17:10-つくばバスセンター17:50
 つくば駅発つくばエキスプレス乗車45分。
 秋葉原着19:00~19:30、解散のスケジュールです。
 
  
2) 費用
  A.交通費  横浜の場合ーつくば駅 JR&つくばエキスプレス  ¥1,740×往復=¥3,480
           *乗車券は各自発駅、または秋葉原つくば駅にてお求めください
             発駅により違いがあります。
         バス:筑波研修センター最寄りバス停ーつくばバスセンター ¥170
         バス:つくばバスセンターー筑波神社 ¥720
         ケーブルカー:筑波山頂駅ー宮脇駅  ¥580 
         バス:つつじヶ丘ーつくばバスセンター ¥870
                                         合計 ¥5,820   

  B.宿泊費他 筑波研修センター シングル素泊まり  ¥3,700        
          1日目の昼食、夕食 最高¥800、その後の居酒屋は別途 
          2日目朝食 ¥500
          2日目昼食は別途
          エキスポセンター入館料¥410 プラネタリューム¥820
          日帰り温泉   ¥1,000  

                                         合計 ¥7,230
               A+B  合計 ¥13,050 
           (但し、1日目飲み物、2日目の昼食代、土産等の費用は別途)

3) その他   
   1. 雨天、荒天の場合:下記のいづれかを参加者に連絡します。
      1.1 全面中止か、または別の日に延期するか。
      1.2 1日目の行動はするが、2日目の筑波山山行はどうするか。。

   
   2.  服装、装備
      当初は上り下りとも、乗り物利用のため、観光気分の気楽な服装や装備を考えていました。
      しかし、計画見直しにより、上りはケーブルを利用するが、下りは徒歩下山にしました。
      そのため、女体山山頂(標高877m)から筑波神社(標高300m)への下りの標高差577m、所要時間
      ネット95分、グロス120分は大楠山を2度下るエネルギーを必要とする中級のハイキングと考えて下さい。
     
      季節は5月中旬、服装は長袖の上着にジャンバー(薄いヤッケがベスト)゙ー、帽子、手袋、
      折り畳み傘は必要です。 
          * 気象条件不良の場合はケーブルまたはロープウエイ利用を考慮    
      靴はハイキング・シューズまたは軽度の登山靴、荷物はザックが絶対条件です。
      ストックが必要な方は是非持参下さい。

   3. 今回の宿泊は(財)法人:筑波学都資金財団、筑波研修センターの洋室シングルルームを利用します。
          〒305-0005 つくば市天久保1-13-5 Tel 029-851-5152  Fax, 029-851-8886   
      
      元々は筑波大学の付属施設として市の中心部に作られましたが、維持運営のため一般利用
      の宿泊や研修にも開放されています。
      詳しくはインターネットhttp://www.meikei.or.jp/~centerにてご覧ください。
   
      浴衣は各部屋に用意されていますが、ベッドメーキングはセルフ、歯磨き、手ぬぐいの類は有料です。
      
   4. 4月16日時点の参加者7名分は予約済みです。

   5. また申込後の参加を中止する場合は、その時点にて近藤に連絡を下さい。
      宿泊キャンセルの費用負担が発生した場合はその時点の状況に対応をお願いします。

   6. 行動中の連絡は近藤ケイタイ080-6511-8772にお願いします。

筑波山行楽マップをご覧ください。    

   

5月1日付、上記の内容に多少修正を加え、<補講>を作成したのでご覧ください。   
 横八Hpトップに戻る  
 レク記録、計画の頁