横八会員投稿にてFDL型式の資料作成にひとわざとフアイルの名称を英数字使用のお願い

                                        横八Hp作成委員  近藤礼三


その1.FDL型式の資料作成上のひとわざ

     FDL型式は画面が鮮明なこと、フアイル容量をあまり食わないこと、頁数が多くても1フアイルに収まって
     しまう点等、Hp作成上大変有効な手段です。
     
     ただし、送って頂いた資料を紹介する場合、オリジナルの画面のサイズを約70%程度に絞り掲載するため
     原版そのままでは周囲の白紙部分が大きく、肝心の画面の文字や写真が小さくなったしまうため、我等
     後期高齢者には大変読み辛い画面になってしまいます。

     そこで、私は届いたFDLフアイルを一旦コピー、そのコピーをもう一度我がスキャナーに載せ、取り込み枠
     を出来るだけオリジナルの画面いっぱいになるように合わせてスキャン、その結果を会員投稿の頁に
     張り付けるように細工をしています。
     
     名前を挙げて失礼ですが、伊藤博君ウノ目タノの目や成瀬君の位野花靖雄氏のFDL資料の場合などは
     上記の工程を経て掲載したものです。

     そこで我がお願いは、FDL資料作成にあたり、記事の部分が出来るだけ画面いっぱいなるように取り込み
     に工夫をして頂ければ、再度スキャン&コピーという面倒な我が工程が省け、この工程を省くために
     より鮮明な画面をHp上に掲載することが出来るので、是非協力をお願いします。

その2.添付資料のフアイルの日本文字に、簡略な英数字の名称や略名を加えて頂けると助かります。。

     ホームページ作成ソフト”ホームページ・ビルダーはアメリカで開発された故に、残念ながら日本文字が全てに
     通用するするには至りません。
     写真のフアイルの名がひらがな、カタカナ、漢字等の日本文字の場合は完全に刎ねられます。
     そこで、添付資料や写真のフアイル名が日本文字の場合、英数字を使うようにお願い致します

                          2016年9月29日           近藤礼三
      

横八Hpトップへ  
投稿目次へ