第190回 2016年9月22日
      講師:近藤礼三
      首題:横須賀を題材とした以下2番組の録画の鑑賞
          1.新日本風土記、横須賀
            NHKBSプレミアム 2016年3月4日 9:00PM放映 1時間    
          2.ブラタモリ#42、横須賀
            NHK総合 2016年6月18日 7:30PM放映、45分間

      上記の予定で、自家のビデオで録画のDVD-R版を持参し、会場のビデオ装置に
      設定しました。
 
      ところが「このデイスクは再生できません」とのメッセージが表示され上映不能です。

      録画や自家製のDVDは機械により再生出来ないという経験がこれまでもあり、今回
      もと万一を考え映画「剣岳」の市販のDVDを持参、こちらの方は再生に問題なし。
      急遽、横須賀に関する勉強会が映画鑑賞へと代わりました。 

      結果として、参加者の皆さんは136分の長編「剣岳」を鑑賞して頂き、大変申し訳け
      ありませんでした。

      付記:
      我が持参のDV画版がなぜ再生出来なかった原因は、以下の規定を知らなかったためです。

        *テレビ番組を録画しDVDやBRデイスクを作る場合、録画したビデオ以外で見る場合は
          フアイナライズの工程が必要です。
          この作業を省くと録画したビデオ機に限り再生上は問題ありませんが、他のビデオでは 
          再生出来ません。  
          
         フアイナライズの作業は、お手元のビデオ取扱説明書をご覧ください。
         時間は約1分で簡単です。
   
      私はテレビ番組を録画しDVD作成後、自宅のビデオ装置やパソコンで再生出来れば、他の装置
      でも再生に支障なしと考えていました。
      ところが人にプレゼントしたり、録画したビデオ機以外で見るにはフアイナライズという作業が必要だとの
      ことを知らなかったのが、今回のトラブルの原因でした。

トップに戻る   
丑寅エイト目次