丑寅エイト 第189回報告

開催:2016825
講師:山口明睦(6組)
首題:癌と闘った2年半 

レジメ:がんの治療方法としては  
 大病院での治療法 民間療法的治療法  自分で選択した治療法 
  1.外科手術   1.高濃度ビタミンC点滴療法   1.食事療法
  2.化学的療法(抗がん剤)   2.プラズマ療法   2.人参ジュース
  3.放射線療法      3.ウオーキング
      4.温熱療法


   山口君は2014331日、前立腺がんの診断のため横浜市大病院にて血液検査を受検した。
   その結果、がんの進行度の目安とされ正常値
4以下のPSA指数値が1741という異常に高い数値を
  示し、余命3~4ヶ月との宣告を受けた。

   彼は大病院での対処や治療方法に疑問を抱き、自ら2.3項に治療の道を探りつつ施した。
  その結果、
PSA数値は以下に示すように劇的に好転、9ヶ月後には正常値を示し、2年後の現在も
  がんの兆候は
全く見られない。 

 PSA数値の変遷 (正常値4.0以下)       
検査日   2014/03/31  05/26 06/31   7/28  8/25 10/20  11/19  12/15 
 PSA数値  1741.00  32.73  5.39  2.50  1.39  0.80  0.65  0.48

  彼は2年半前のPSA数値:1741という大病院における初期検査結果はいったい何だったのであろうか。
  2年半に亘るがんとの闘いの過程を話してくれた。

  

 山口君が参考にした食事療法の参考図書                    特殊レントゲン写真によるによる回復の推移
   「今あるがんに勝つジュース」                           人体左 2014/04/09検査  黒点 86点
  済陽高穂監修  新星出版社 2010年02月出版                    中 2014/12/09検査  黒点  14点
       ¥1404 (ネット販売価格)                            右 2016/06/13検査  黒点   0点  

横八Hpトップに戻る   
丑寅エイト目次へ