丑寅エイト 第130回

日   :2011年10月27日
講師 :伊藤 博 (7組)
題名 :宇宙太陽光発電衛星の実現
総員 :約25名


今回の講師は横八Hpの投稿でご存じの伊藤博君(1組)です。
先ずは下に示す彼の略歴のレパートリーの広さをご覧ください。
その中で現在彼が力を注いでいる一つに宇宙太陽光発電であり、彼は我が国の推進メンバー
の一人として活躍しています。

ところで宇宙太陽光発電、略してSSPB(Space Solor Power System)、とは一体何でしょうか?
原理としては、太陽の膨大なエネルギーが燦々と注ぐ無重力の宇宙に、広大な太陽光パネルを設置し
発電、巨大な電力をマイクロ波で地球上へ送電する、という夢のシステムです。
手塚治の夢の世界のように思える構想、下記のパソコン検索で私は復習しました。

               右のLinkをクリック

福島第一原発事故を転機に、世の中は原発縮小、将来的には廃止という流れが占め、世相に
アッピールすることを利用し、国家が安易に方向転換を決めることは一国の存亡に関わることです。

現在、我が国の発電の主力の火力発電は、原発よりも発電コスト高、その上偏在する資源国の
供給量や価格に左右される要素も多く、将来的には限りある資源の枯渇の懸念もあり未来永劫
に続くという保障はありません。

ではクリーンな自然エネルギー利用はというと、太陽光、風力、波力、海流、地下熱等多々あれど
いづれも現時点では力不足です。

そこで彼が力を注いでいる宇宙太陽光発電衛星が未来の人類救世エネルギーとしてNHK教育
番組・NHKサイエンスZEROに登場するなど、夢が現実に近づいているのです。

講義の前半は宇宙太陽光発電衛星の話、そし後半は産業投資評価の手法のPPMなど力の
籠った実のある内容でした。
               
PPM: Product Portforio management

                      講師紹介
  

  

     

 NHK教育TV サイエンスZEROの教材で彼の仲間の一人佐々木進氏が講義を務めています。

  
         
               帝京平成フオーラムで発表している彼の論文です。



       



                       今回の講義のスナップです。
  

   PPMを用いて電力各エネルギー源の比較説明です。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁