横八会員投稿 No.472

題名:九州久留米の行事「ほっけんぎょう」の紹介
投稿:保坂虎重 (1組)
掲載:2011.01.10

九州久留米では正月7日の日、七草の日の早朝午前6時に地区のお宮さんに集まり

「ほっけんぎょう」という行事、
関東や関西ではドンドン焼きと言われる行事です。

地域の老人会会長をしている関係でお付き合いで初めて零下4度の凍てついた午前6時、

当地では日之出が午前7時過ぎなので
真っ暗の闇です。

      

当日は余りの寒さで筑後川の川霧が発生して幻想的でもありました。

竹筒をわら縄で4mぐらい直径60cmにしてわら束、竹の葉、薪などを入れて、大人5人ぐらいで

支えながら火をつける。

暗闇で燃えると幻想的な絵になります。 

お正月の飾り、前年のお宮さんのお札、書き初眼の半紙など燃やし、オキで御餅
やサツマイモを

焼いて食べます。
他に豚汁やお汁粉など出ます。

画像の白い球は竹が破裂した時にポンポンとなる衝撃で上がる煙?です。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁