横八会員投稿 No.467 

題名:B級グルメ、今年度第1位「鳥もつ煮込み」へ挑戦
投稿:近藤礼三 (6組)
掲載:2010.11.22

20日夜のNHK総合テレビを見ていたら、昨今大人気となった「ご当地名物、B級グルメ」の放送番組をやっていました。
今年は厚木市で行われ、何と45万人が集まり、その経済波及効果は抜群、世の中ヒマ人が沢山いるものです。
そして第1位は甲府の「鳥もつ煮込み」の圧勝だったそうです。

なるほどこの料理の材料は身近か、値段も手頃、調理は至って単純、見た目良し、とにかく旨そうで、
甲府まで食べに行こうかな、との気にもなります。
家内は私に、「パソコンに向かってばかりいないで、たまには食事の支度ぐらいしたら」と時折文句を言う。
よしや、そこで明日の晩ごはんのオカズは私に任しておけ、「鳥もつ煮込み」を作るぞ!と宣言しました。

鳥もつ料理の中身は身近とはいえ、鳥もつにレバー、そして昔は鶏鍋には必ず付いていた鳥の卵の
生まれる前のお腹に入っていたやつで、これは最近ではめったにお目に掛かれません。
バラで集めては面倒で、これだけテレビで騒がれると、セットとしてスパーで売っているに違いない。

そこで昨日曜の朝、休日は横浜駅西口の駐輪場は管理人不在で解放されバイクが置けので、早速バイクに跨り
ノコノコと出掛けました。

最近の横浜駅西口はデバ地下の大人気。そこでデバ地下を手始めに東急ストアー、高島屋等々を一巡、
ダイエーにまで足を延ばし、前日の売残りが2セットが置いてあるのを発見し、¥398/セットを2セット買いました。

            

このパックは、煮込みのタレが付いていれば便利なのにタレは無し。タレぐらいご自分で作りなさい、というわけでしょう。
タレが決め手なのに、我が実力では心もとないし、その上面倒、そこでこの後2,3のスパーを探しましたが見付からず、
それならと自分で挑戦することに決めました。

夕方午後5時半、これから今年のB級グルメNo.1「鳥もつ煮込み」への挑戦です。
家内はお鍋を焦がさないで、と使うお鍋を指定し、今宵の食事作りから解放され、のんびりと別室でコーラスの練習。
我が料理作りは自力のマイペースに限る、久々に料理開始!と張切りました。

先ずはタレ作り。
1.鍋に約300CCの水を入れ沸騰させ、削りぶしで出し汁取り。
2.自分には大昔の山岳部、そして長かりし独身時代や海外単身生活の蓄積があり、料理は感と目分量がたてまえです。
  棚に置いてある醤油、砂糖、みりん、塩、日本酒、ダシの素などをタイミングと目分量で加えながら、とろとろと約15分。
  出来たぞ!

      

そした煮込み開始
1.セットの中身を鍋に入れ、タレを注ぎ火力を適宜調節、時折醤油を加えながら煮ること約10分余。
2.中身が満遍なく煮えたのを見計らい、残ったタレ汁を9割方捨てます。
3.そして中身を焦がさないように弱火でかき回しながら、艶が出て来るのを眺めながら炒めること約4〜5分、完成です。
4.盛り付けの見栄えも大切です。皿にレタスを葉を敷き、その上に盛ればご覧の通りです。

      
  
結果
家内の採点はおだても加え合格点でした。
でも2セットは多すぎで1セットで十分で、すると材料費は2人前で¥398で済み、なんと安いことよ。
B級グルメはどれもお安く調理も単純手軽が共通のようです。       
次はどれに挑戦しようかと気力も出て来ました。
皆様もどうぞお試し下さい。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁