横八会員投稿 No.464

投稿:伊藤 博 (7組)


その2. 受信:2010.11.15
      題名:ウノ目タカの目    三浦市に逸材現る

朝日新聞に、本年の日本棋院東京本院のプロ試験にトップで合格した19才の青年は三浦市の出身と報じられています。

将来が期待される嬉しいニュースですので、早速同市在住の梶川氏に慶びの一報を差し上げましたところ、
彼の家からも近いそうで、今回の慶事を生んだ背景・町を挙げての囲碁普及の努力に関する下記のサイトの
ご紹介がありました。

 http://kanagawa-igo.com/kenren/topics/09nakayama.html

 人口5万人の三浦市が文化庁から高く評価されて、囲碁の町の指定を受けた事例は希有なことで、
文化水準の高さを天下に示すものと言えましょう。歴史豊かな三浦の地に、また一つ伝統文化が新たに花開しました。

文化は市民が育てるものです。囲碁に取り組む市民の真摯な姿勢に行政も動き、協力して見事に成果を上げていると
拝察されます。

三浦市は漁業、農産物、観光の三拍子が揃った山紫水明の地として広く知られていますが、これを好機として、
今ひとつ「囲碁の里」というPRを加えてみては如何かと提案したいものです。

将棋は駒の天童が有名ですが、まだ全国的にも囲碁の町は無いと思います。今が名乗り出るチャンスなのかも知れません。
もし、前市長・故久野隆作氏(横校OB)がご存命ならば、決してこの機を逃さないであろうと思われます。
 誠に遅ればせながら(今頃になって)囲碁を始めました。
その深淵さに魅せられています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月18日 追伸着

世間は広いもので、何と!「囲碁の里」はすでにあることが判明しました。
従いまして、追加補正情報です。

ウノ目タカの目

            囲碁の里・因島

前回の寄稿の時は寡聞にして知りませんでしたが、実は、尾道市の因島が本因坊秀策の生誕の地で、
夙に囲碁による町おこしの活動が活発に展開されているのが判りました。

詳細は、http://onomichi.shusaku.in/ をご参照下さい。

となると、これからの三浦市の「囲碁の里」の名乗りは残念ながら嚆矢とはなりえませんが、先達の尾道市と
姉妹都市関係を結んで、それぞれが協力して囲碁の普及を通じた町おこしを進めて行っては如何かな、
などと新たな夢が膨らんで来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その1、受信:2010.11.13  
    題名:ウノ目タカの目 
 バレンタイン

          

千葉ロッテマリーンズが日本シリーズを制覇・「日本一」となったので、お膝元の千葉ではデパートや
スーパーなどが一斉に記念セールのたけなわ。割安の買得は家計にも嬉しいニュースである。
この優勝による経済全体への波及効果の試算は、年間推定100億円以上と報じられている。


そこで想い出すのは、(前)ロッテ監督のバレンタインの笑顔である。

彼の謦咳に触れたのは、確か彼が二度目のロッテ監督に就任して間もない頃。
当時、チームを
31年ぶりで日本一に導き、外国人初の日本シリーズ優勝監督、史上初の日米で優勝経験を
持つ監督となった最盛期であった。

商工会議所の視察で幕張のマリンスタジアムでナイターを観戦した折に、試合直前のグランドでバレンタイン
を交えて歓談し記念撮影をする機会があった。
その時に新品のユニフォームにサインを貰ったが、彼の生来のショウマンシップを持ち合わせた好印象と
人工芝の独特の感触をいまでも覚えている。

稀にこのサイン入りユニフォームをご披露すると、皆から大いに羨ましがられるので、今や垂涎のお宝(?)
となっているのかもしれない。

その千葉マリンスタジアムの「人工芝」も8年目となり、今シーズン終了後に張り替えることになった。
その費用・4億9500万円は本拠地とする千葉ロッテマリーンズ球団が一時立て替えて、千葉市が
平成23年度から6年間で返済すると伝えられている。

選定された新人工芝は、安全性、耐久性の高い改良品「アストロステージMJ」。
の丈が約30ミリに短く、芝葉の密度も高く、ゴムチップなどの充填材が不要で整備の負担が少なくてすむという。
また機会があれば、これまでの人工芝との感触の違いを直に踏んで確かめたいものである。

千葉マリンスタジアムの「命名権」の新スポンサーの募集も始まった。

千葉市(公園管理課)によると、条件は原則として年間2億円以上、契約期間3年以上という。
千葉ロッテマリーンズや市のイメージとの整合性、提示金額、地域貢献に関する提案などを総合的に市と球団で
判断・協議して、12月上旬に優先交渉企業を選定。来年1月にはスタジアムの新名称が決まる予定である。

ロッテ公式戦の報道によるスタジアム名称の露出量は、広告費に換算すると年間40億円以上の宣伝価値があると
見込まれている。

「千葉マリンという名前を残してほしい」という市民からの要望もあり、新スポンサーとなる企業の意向も含めて
判断されることになろう。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁