横八会員投稿 No.439

その1.
題名:カザルス・ホール
投稿:伊藤 博 (7組)
掲載:2010.05.12


ウノ目タカの目

            カルザス・ホール

26年前に世界的なチェリストの名を冠してオープした「カルザス・ホール」(お茶の水)は、
見事な建築、豊かな彫刻の大理石、パイプオルガン、温もりのある素晴らしい音響効果で内外
の多数の演奏家が好んで演奏し、世のクラッシクフアンを魅了してきた。

然し、これを建てた雑誌社が経営不振に陥り維持が難しくなり、ホールを某大学に売却。
以後これまで原型のまま使用されてきたが、最年所有者の事情でこれを閉鎖し、跡地の有効利用
を図ると発表された。

本年4月初、この報道に対して音楽を愛する高名な人々が発起人となり、「カルザス・ホール」
を守る会が発足。
日本の誇る国際的文化財の一つが消えるのを惜しみ、所有者である大学や関係者に理解と善処を
切望する署名運動が始まった。

パブロ・カルザス未亡人をはじめ、作曲家、作家、画家、指揮者、ピアニスト、チェリスト、
バイオリニスト、クラリネット等々広く網羅し、

「この素晴らしいホールが続けて使えるように祈っている」と話している。

経営と芸術のバランスをとるのは簡単ではなかろうが、良いホールを毀すのは簡単だが、建てるのは難しい。
もし、これを保存することができれば、文化国家として世界から高く評価されることになろうと思われる。

本日のリハーサルで署名簿がまわってきたので、この趣旨に賛同したのは言うまでもない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その2.

題名:四季の栞、わらび餅
掲載:2010.05.17

四季の栞
          
             
わらび餅


皐月の緑が濃くなるころの薄茶のお菓子は「わらび餅」が似合う。

千葉の郊外の閑静な住宅地に、皇室御用達のその名舗がある。
一見すると仕舞屋風なので見過ごしてしまう程の小さな店構えである。

上品で絶妙な甘さ、ヒヤリとした舌触り、きな粉の素朴な食感が茶の香りと味わいを
引き立てるこの季節の茶事には欠かせぬ逸品である。


創業者の先代店主は加賀百万石・金沢城下の生まれ。和菓子の老鋪「森八」にて修行。 
宮内庁大膳職に推挙されて大正・昭和の御代を通じ宮中御儀式及び両陛下・宮様方の
日常の御菓子をはじめ宮中にて秘菓・名菓を謹製。

昭和29年長い宮中奉仕の大任を終え、昭和30年に麻布にて創業。故 入江相政侍従長
より菊の園生の愈々栄えまさんことを願い『菊園』の屋号を戴き、皇室所縁の和菓子の
注文を承る傍らで、皇居二重橋前や皇居外苑にて『皇居のかほり』や『菊最中』を販売。

昭和32年千葉市に本店を移転。創作菓子『御成街道』(将軍の鷹狩りのために、
江戸より東金御殿まで直線で短期間で造った一夜街道の名称でも知られる現存する道に由来)
は全国和菓子博覧会にて金賞を受賞。


店内の一角にさりげなく架けてある故入江侍従長の流麗な筆は、

      永坂の麓に生える菊一本

         御苑の秋を忘れずて咲け

                     侍従 相政
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その3.

題名:四海穏やかならんと
掲載:2010.05.21

ウノ目タカの目

            四海穏やかならんと

報道によると、黄海で起きた韓国海軍哨戒艦「天安(チョンアン)」の沈没を巡り、 
北朝鮮と韓国の関係が急にきな臭くなってきている。

2010520日、韓国軍と民間の合同調査団が、北朝鮮の魚雷攻撃と断定した調査結果を受けて、
韓国政府は北朝鮮への制裁強化に向けて国連安全保障理事会に提訴の方針を表明。

これに対し、北朝鮮は、韓国の捏造と猛反発。「物証を提示すべき」と主張し、国防委員会の
調査団を韓国に派遣する意向を表明。もし制裁が行われた場合、「即時に全面戦争を含む各種の
強硬措置で応じる」と警告。

韓国が沈没原因を北朝鮮による魚雷攻撃と断定した根拠は、

@ 沈没現場から回収したスクリューやモーターの部品が、北朝鮮の武器輸出用のカタログ 
  に掲載されている「CHT-02D」の設計図面と一致

A 回収部品内に記された「1番」という識別番号が、韓国軍が03年に回収した北朝鮮製魚雷と
  同じ表記方法

B 黄海の北朝鮮海軍基地に所属する小型潜水艇が、哨戒艦の沈没した326日の23前に基地を離れ、
  沈没の
23日後に基地に戻ったことが確認された。

イデオロギーと社会・政治体制がまるで異なる国との外交折衝は難易度が高い。
世界の歴史を紐解くまでもなく、たった一発の銃声で大戦争になった例は多々ある。
いずれも異口同音に、相手の挑発であったと主張して譲らず、真実は常に闇の中にある。
しかし、朝が来ない夜はない。和解の明るい未来を期待したい。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁