丑寅エイトNo.110 報告

日  : 2010.03.25
講師:大川宗男 (4組)
首題:シューベルトの生涯を辿るウイーンの旅
総員:30名以上

今回は我が八期自慢の声楽家バス・バリトンの大川宗男君の登板で総員はこれまでの最大30名を
越え、これから始まる彼の話を待ち受けています。
そして、出だしはシューベルトを紹介する次の3択6問のクイズから始まりました。

 1.シューベルトの身長は?  
 2.ゲーテの詩による名曲「魔王」は何歳の時に作曲されましたか?
 3.一生独身で通したその理由は?
 4.尊敬するベートーベンに一度だけ会った時の彼の様子は?
 5.歌曲集「冬の旅」をシューベルトの弾き語りで最初に聴いたときの友人たちの評判は?
 6.1828年11月19日に亡くなる数日前、友人に当てた彼の最後の手紙の内容は?

皆さんの反応は下の写真のように活発そして答も優秀で、各々の質問に因むシューベルトの生涯の
わかり易い紹介があり首題が始まりました。

    

彼が還暦を迎えた1998年4月、欧州をひとり旅をした時にウイーンで過ごした5日間のもの物語が
スライドを背に、そして随所に独唱を交えつつ語られて行きました。

下の写真でボードに貼られているのはウイーン市街地の地図です。
  
         
  

  

そして有名な歌曲「冬の旅」の中から「春の夢」を終曲に、結びは「菩提樹」を言語のドイツ語で全員で
合唱し彼の講義は幕を閉じました。
その後は「冬の旅」さながらの季節外れの雨模様の寒空をものともせず恒例の二次会へと流れました。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
会員インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁