<) + 'tracker.web-cockpit.jp/js/cockpit.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(cockpit, s); })(); //-->

横八会員投稿 No.411

題名:ある第三セクターの破綻より
投稿:伊藤 博 (7組)
掲載:2010.01.26

ウノ目タカの目

           ある第三セクターの破綻より

1月25日、千葉県の第三セクター・「かずさアカデミアパーク」が千葉地裁に会社更生法の適用を申請し破綻が報じられた。

80年代前半、千葉県が木更津市の約273ヘクタールにバイオ関連企業や研究施設を誘致する構想を策定。
県の大型開発としては、すでに「成田空港周辺の開発」、「千葉市の幕張新都心開発」があるが、これに
「かずさアカデミアパーク開発」を加えて、県の3大プロジェクトの一つと位置づけてれまでに基盤整備費など約500億円を投入。

91年に第三セクターを設立(千葉県が35.9%出資)したが、バブルの崩壊後に続く不況で現時点での進出企業
(計画も含めて)わずか15社に過ぎず、企業からの協力金が十分に集まらなかった。

分譲・賃貸予定の企業用地149ヘクタールのうち約44%が長らく手つかずの荒れ地の状態にあった。
05年に債務超過となり、金融機関から借り入れが不能となり、県が運転資金を肩代わりして毎年3億〜5億円を貸し付け
(貸付残高は17億3900万円)てきたが、これ以上の存続は困難として10年度の貸し付け中止を決定しついに経営が破綻したものである。

仄聞するところ、他の都道府県でも第三セクターの成功事例は極めて稀にしか無い。

○青森市の第三セクターが管理運営する「青森駅前再開発ビル」も、市の支援のもとで存続が厳しい状況にある。
○大阪市の第三セクター「大阪ワールドトレードセンタービルディング」(WTC)も、25日管財人が大阪地裁に更生計画案提出。
市の損失補償は約425億円と見込まれ、公金投入は総額1200億円程度に膨らむ見通し。

○神奈川県の第三セクター「かながわ森林づくり公社」(68年に県造林公社として設立)。木材価格の低迷などにより将来の
伐採収入で債務の返済が難しく、7月末に解散する方針と伝えられる。今年度末の債務残高見込は約270億円、
大半を県が肩代わりし債権放棄する
借入先は県178億円、日本政策金融公庫が約92億円(県が損失補償を引き受ける)。

○埼玉県でも、県や市出資する第三セクター「埼玉高速鉄道(SR)」(浦和美園−赤羽岩淵、2001年に開業。
負債約1474億円を抱え、公的な出資や補助金など計307億円の財政支援)。08年度決算では補助金を除くと2400万円の赤字に
転落し厳しい状況にある。

○岩手県の第三セクター・「IGRいわて銀河鉄道」も累積赤字が09年度末3億9300万円が18年度に12億9200万円まで膨らみ、
見通しは厳しい、等々。

以上に俯瞰した現状は氷山の一角に過ぎない。
多くの場合、その経営破綻の原因は第三セクター方式の本質に根ざすもので根が深い。
民間は役所に頼り、役所からの出向者は高給は取るが責任は執らない。見通しが甘く経営感覚不在の事業は保つはずがない。

折しも、日航の再建・蘇生手術が始まったが、先行きは余談を許さない。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁