平成22年初レク、小田原七福神めぐりの報告

                  横八レクの会 先達  近藤礼三


横八レク、今年の幕開けは1月13日(水)の小田原七福神めぐりの日と決まっており、1週間前から時々週間天気
予報と睨めっこ、昨今の週間天気予報は大方信頼出来ます。
土曜日までの季節外れの暖冬は日曜日を境に一転し日本中が寒波に覆われ、しかも前日の12日は終日の雨。
そして当日も予報がぴたりで、お天気は見事に回復したものの、朝から今年一番の強い季節風が吹く寒い一日となりました。
しかし、我が八期メートは元気そのもの、小田原駅9時50分集合、全9キロの小田原七福神めぐりの一日を楽しみました。
今回のメンバーは川越発、新宿から小田急ロマンスカーで遠路到着の八木夫妻に神澤、足立、提橋、倉田、吉田、三浦、
近藤の全9名です。

コースは大雄線・小田原駅を10:00出発,三つ目の駅・五百羅漢駅近くの1番所の毘沙門天の潮音寺へ。
そこで我等の一行を団体さんと間違え、一人のお爺さんが途中の4番所まで我等にジョイントというハップニングも。

そして再び小田原駅に戻り、2番所の満願弁財天・福泉寺、3番所の寿老人・鳳巣院、4番所の大黒尊天・蓮船寺まで。
以上が山側で、これから約100mを下り国道1号線の板橋交差付近に到着し、道筋の小田原城主、大久保一族の菩提寺・
大久保寺に立寄り歴史をちょっぴり勉強し小田原漁港に着きました。

昼食は漁港内の魚市場食堂で全員1,300円の海鮮丼を。
午後1時過ぎ、食堂を後に早川を渡り5番所の恵比寿神の報身寺を経て6番所の福禄寿の大蓮寺へ。
そして大蓮所の近くの小田原文学館、尾崎邸、白秋童謡館に立寄り小休止。

最後の7番所の水掛布袋尊の円福寺を参詣後、小田原駅に着いたのは午後4時頃でした。
寒風で冷えた体を暖めるためにも居酒屋で乾杯をと、駅前通りを探したものの、全てオープンは午後5時から。
乾杯を諦め仕方なく解散し八木夫妻と別れました。

その後湘南組は駅前の老舗のパン屋に立寄った後、駅構内のビッフエでコーヒを飲みながら次の計画の討議。
そして17時54分発の快速アクテーに乗車帰路に向かいました。

参加者全員が今年一番の強い季節風の吹きずさむ中、高齢を吹き飛ばすパワーで楽しんだ一日でした。
これで参加者一同はなしかしらのご利益を授かり今年も安泰をというわけです。
今年も頑張りましょう。

       国道1号線板橋交差点近く、小田原城主大久保一族の菩提寺・大久保寺。
        ここで小田原城主の変遷についてちょっぴり勉強。

    

               5番所、恵比寿神の報身寺で参加者記念撮影
    

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁