横八会員投稿 No.402

題名:大川宗男君の「高校時代」を拝読して 
投稿:伊藤 博 (7組)
掲載:2009.12.29


           交遊抄 貴「高校時代」を拝読

大川兄

横八HPにて、懐かしい貴兄の心温まる寄稿を拝読しました。

当時から群を抜く貴兄の天性の美声は、輝かしい未来を予測して余りあるものでした。
私は音楽部ではありませんでしたので、内幸町の当時のNHKホールの合唱コンクール
には応援で聴きに行ったことを昨日のように覚えています。


(もし記憶が正しければ)1年生の授業で青山先生のフルートを聴きしました。

2年でも引き続き音楽の授業を選択したかったのですが、希望者の数が満たないので
授業が成立せずとのことで、その時の無念さを今でも覚えています。

ところが、貴兄の寄稿により、同時期に何と!7〜8名の青山先生の授業もあったことを知り、
今更ながら不思議な思いが湧いています。

然し、本来習いごとはこれが正解で、「人数」ではなく「やる気のある人」を育てるのが大切だと思っています。

爾来、今日まで音楽を趣味としてその無念さを自助努力で補い、現在も2つの合唱団
(クラッシクとポピュラー)にて楽しく活動を続けています。

さて、「全校集会」では、外交官試験に合格した西山先輩(昭和9年生まれ)のお話しを
聴いた記憶があります。
当時吉田首相の「戦争に負けても外交で勝つ」との言葉に啓発されていた私は、
この講演で外交官を目指す思いを強くしたことを覚えています。

然るに何故か、全校集会が何と「毎週開催?」されていたことは失念していました。
時の流れは速く、今回の貴兄の記述から色々な再発見があり感謝しています。

今後の貴兄の益々のご発展をお祈りします。

                          伊藤 博

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

添記  

八期生が横高に在籍時、全校生が集会する場所は、正が校庭の南東にあった講堂、副が裏門近くの
西南にあった集会場の2か所でした。
私達が毎週1回集められたのは後者の集会場で全員が板張りの床に座り、大川君の話に登場する
一場面もその会場のハップニングでしょう。(残念ながら私の記憶に残っていません。)

一方正の集会場である講堂は聖なる場所で入学式や卒業式等の謂わばハイレベルの行事に供され、
西山氏の外交官試験に合格という凱旋講話は、全校生に模範となるハイレベルの扱いとして講堂で行われ、
私も記憶に残っています。
その他、講堂が供されるのは当時を代表する一流音楽家の演奏が催され、全校生が聴き入ったという話を
私の兄姉から聞いたことがありますが、殆どの学校の講堂が神聖なる場所として年に数回しか使われ
なかったとは現在では昔話のようです。

以上添記させて頂きました。                      近藤礼三
                                         

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁