横八会員投稿 No.401

題名:パソコン・バックアップの作成(続)
投稿:近藤礼三
掲載:2009.12.27


寄稿No.400にてパソコンのバックアップの種類のうち、パソコンのハードデスクが破損しても、システムや
データー、フアイルを完璧にバックアップし、元通りに再生させる「丸ごとバックアップ」という最上位の
バックアップ方式を選んだ場合、いかに時間を要し面倒なものか、そして約7時間を掛け70%方
進行した時点で中絶されたため、それまでの努力が無駄かも?という失敗経験を書きました。

我がパソコンには購入時に「バックアップ・ユーテイリテイ」というもう一種類のソフトが含まれており、
今度はこのソフトを使用しバックアップを試みました。

但し、こもソフトは簡略タイプでバックアップ出来るのは次の範囲に限られています。

 1.復活可能なのも
   1.1 C, D ドライブにインストールされているソフトで作成したフイアル、データー。
   1.2 インターネットに接続するための基本的な情報。
 2.問題点
   2.1 外付けハードドライブのデーターは取り扱わない。
   2.2 バックアップが出来るのはバックアップに使用したパソコンに限られる。
      従って代替や買い替えパソコンにはデーターの移動は出来ない。

問題点はありますが実用的にはそれなりに役にたちそうなのでこのソフトを使いバックアップ・デイスクの
作成を試みたので、以下にその状況は報告します。

 * 作業開始:2009年12月27日、午前9時  終了15時頃  実質作業時間 約6時間
 * 保存メデア:DVD-ROM データー版 4.7GB 16倍速をなんと11枚使用
    11枚と多いのは我がパソコンは横八Hp、デジカメ写真、音楽CDのフアイルが多いためで、
    標準的なユーザーの場合の作業量は私の半分程度だと思います。

作業は画面の指示に従いいたって簡単です。
但しデスク1枚の作成時間は平均28分でデイスクを交換後の途中のクリックが1回あるので、パソコン
から離れて外出というわけには行かず単純で根気のいる作業でしたがどうやら完遂しました。

横八パソコン・ユーザーの方のパソコンにも似たようなバックアップ・ソフトがインストールされていると思います。
又無い場合は同目的のソフトも市販されています。

要はパソコンとはデリケートな機械物であり、我等の年代と同じで突然死の恐れあり。
そのためにもいざという場合に備え下記の対策が必要です。
  1. 我が経験ではパソコンの寿命は5年、プリンターは3年と見た方が良い。
     そして購入後3年目あたりでハードデスクが故障する恐れあり。
     その場合、修理代は5万円を超えます。そのためにも購入時5年保証を掛けることが必須条件です。
  2. ハードデスクが突然死すると、バックアップを取っていなかったそれまでのデーターの再現はまず難しい。
     そのためにも、貴重なデーターはその都度外付けデイスクに予備を残すとか、プロッピー、USBメモリー、
     MO等に残したりするのも良い。
     でもデジカメ写真などは昔ながらにアルバムに残してこそ楽しみがあります。
  3. またパソコン本体の保存としては、面倒ながら今回の方法でバックアップすることは年1回、
     年末のノルマと諦めて実行をお考える必要がありそうです。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp頁
ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁