丑寅エイト No.100

横八仲間の潮干狩りの報告
                                報告  近藤礼三
                        
6月10日(水)、本日は中潮で干潮は12時17分。
地元の安藤の掛け声で今日は横八仲間の潮干狩りです。

天候は明日から関東地方も梅雨入りとの予報ですが、天気は曇空ながらもまずは心配なし。
金沢八景駅集合9時30分で集まったのは安藤、赤池、梶川、岩崎、足立、近藤の5人です。
徒歩10分で目的地の野島公園の平潟に到着しました。

ここは近年すっかり有名になった海の公園の人工砂浜の有料の潮干狩りと違い、地元安藤
お気に入り、自然の残る無料の干潟の潮干狩りです。
平日のためか、先客は干潮時間には早いのか未だ20〜30人程度とまばらです。
早速我らも潮干狩りルックに着換え用意した道具を手に仲間入りしました。
海水の温度は始めは少しひんやりと感じましたが、慣れれば快い感じです。

安藤を除きその他4名は潮干狩りはこの年にして初めてのようで、早速我流でアサリ掘り開始!
まわりを見渡すと、幼児からベテラン、そして道具も100円ショップのアサリ堀からインターネットで
仕入れたという6000円という本格的な道具まで千差万別です。
我が方も12時近くまで奮闘し、自宅のお土産にはたっぷり過ぎるほどの収穫です。
安藤に言わせると今年はこの時期にして少々小粒とか。
それでも全員大満足です。


12時半、各々収穫物をリックに収めたりバケツを手に、改装中の伊藤博文邸脇を通り野島公園
を離れ途中で昼食、今晩と明日の料理を楽しみにおじさん達は今日はどこへも寄らずに真っ直ぐ
に家路へ向かいました。

       安藤のバケツ                          近藤のバケツ


               

                      全員満足し記念撮影


トップに戻る
八期会レクの頁へ
八期会年間行事日程表の頁へ
丑寅エイトの頁へ

追記
家に着いて早速汐抜き泥抜き3時間。
夜はアサリの剥き出し、朝はすまし汁、美味しかった。
まだ冷蔵庫にたっぷり残っています。
もう一度行こう。