平成21年第1回幹事会報告

日時  平成21年2月7日(土) 午後3時〜5時
場所  ヴエルクよこすか 
出席者 執行部全役員及び各組幹事を合わせ総員28名

      

議事

1. 新会長 大室隆生の挨拶
    * メインテーマとして八期会の今後の活性化に努めることを表明。  

2. 平成20年度会計報告 落合茂夫
    * 入金 \662,223   出金 \637,471   残金 \24,752
    * 現時点の内部保留金 \201,588   (各項の詳細記載省略)
      
      以上の報告に関し、出席者全員の異議なしとの意見により可決。

3. 議題討議
   大室会長が議長として以下の討議が行われた。
   
   3.1 各組幹事の確認  
      1組:梅沢加絵の執行部役員への移動に伴い、佐々木寛子の就任の確認残。
      2組:変更なし。
      3組:変更なし。
      4組:坂本順正の執行部役員への移動に伴い、赤池達也が就任。
      5組:神野正男の退任に伴い、1名は空席になる。
      6組:鈴木廣義の執行部役員への移動に伴い、松生渾が就任。
      7組:変更なし
      8組:1.飯田恵一朗の執行部役員への移動に伴い、今成伸二が就任。
         2.下里力也の退任に伴い、八木長忠の就任
         
             参考:上記による八期会の執行部役員、各組幹事名簿へリンク

   3.2 今後の八期会のより活性化につき討議が行われ、以下が議決された。
     
      1. 現在行われている八期同好会(丑寅会、囲碁会、レクの会)への参加の啓蒙。      
      2. クラス単位の催し(クラス会、昼食会、飲み会等)の開催と参加の啓蒙。
          各組毎の現状が報告されたが、なかには卒業以来クラス会が1〜2回の
          組もあり、今後各組単位で催しの中心となる人物を決め活動することを申し
          合わせ、次の幹事会の議題として、その結果を報告する。
   
   3.3 次の総会に関し
      
      1. 開催場所の手配上、毎年の開催日を固定したい旨の提案があり下記にて決定した。
         * 毎年の開催日を11月第2週の水曜日を目途とする。
         * 今年度は11月11日(水)の午後、場所は昨年同じくホテル・セントラルにて設定する。
      2. 総会開始前の講演会または参加制約フリーのテー・パーテイ゙等も考慮したい。
      3. 案内状の発送を断った人に対する取り扱いに関しては、前回の議決に基づき
         改めて発送しないことを確認する。
      4. 総会時に募金箱を設けたらどうかという会長提案あり。
         * 提案理由
            新しい企画として講演会、テー・パーテー、幹事会の時の食事代の一部負担等を
            考えた時に、どうしてもある程度の資金が必要になる。 
         * これに対し現状程度の支出ならば問題ないとの発言もなされ討議の結果
            効果の程は判らないがやってみることが決定された。

   3.4 朋友会との今後の関連について

      八期会と朋友会とは組織としての繋がりはないが、今後とも会として顔を出す程度は
      努めて行くことが提案、議決された。
   
   3.5 当会の一会員の意見で、八期会は「横高の中高一貫制度への移行」を働らき掛ける
      べきだという提案に対し、
        * 八期会会長が横高校長に現時点で意見を具申をしても何の意味も効果もない。
        * 意見を啓上するには、前段階として理論を整然と組み、八期会の総意とする必要
          がある。
        * 当見解は朋友会としての総意として始めて生きてくるものであり、八期会が独断で
          動くことは無駄である。
                                      以上の意見により否決された。

   3.6 現在無任で八期ホームページの制作及同好会のレク委員を担当している近藤礼三(6組)の処遇
      に関しては、広報担当役員を設けることを規約に追記し、次期総会で承認を得る。   

4. 平成21年第2回幹事会は8月8日(土)とする。
 

尚幹事会終了後、京急中央駅ソバの旬泉坊にて懇親会が催され23名が出席、午後8時に散会した。                                                      
                                                  以上  

トップに戻る
八期会報告の頁へ