横八レク、平成21年初詣、大山阿夫利神社参詣と大山豆腐料理を食べる会の報告

                                           レク委員  近藤礼三

日時は平成21年1月14日(水)午後1時小田急伊勢原駅北口集合午後1時、そして今回の
参加者は下記の18名の方々です。

近藤礼三、足立政隆夫妻、神沢久代、大村光江、大室隆生、柴田哲郎、吉田隆司、
松生 渾、飯田恵一郎、梶川 諭、佐々木寛子、伊藤義郎夫妻  12名
そして別行動で大山山頂登頂の元気組は倉田健司、知久幸生、山口明雄、提箸滋の4名です。

この数日は晴天ながらも寒い日が続いていましたが、当日は幸いと厳しさは一段落し絶好の
初詣日和でした。
午後1時前には12名全員が揃い、バス25分で大山ケーブルへ、そして門前通りを抜けてケーブル
乗場へ、午後2時発のケーブルで6分、終点の大山阿夫利神社下社に到着しました。
(海抜670m)、先ずは12名組の記念写真を。

        
      
参詣を済まし下界を見渡すと、左手は房総、三浦の両半島、葉山、江ノ島、大磯を経て右手
には伊豆半島までがくっきりと見渡せました。
今回は時間の関係上、ここから先の滝、そして見晴台へは足を延ばさずに下山の開始です。

下山は勿論歩きで女坂を選びました。
ご存知のように女坂は最初は急な階段で普段歩き不精の方にはちょっぴりキツイようですが
男性1名の方を除き全員スイスイと下ること30分で途中の大山寺に着きました。
残念ながらこの御1名、本人は歩いて下るとフアイト満々でしたが、大山寺駅からケーブルの利用
をお願いしました。

大山寺から下までは傾斜の緩やかな下りの山道で、程なくケーブル下駅に全員が揃い
門前通りのお土産屋さんを見物したりお茶を飲んだりと楽しんだりと。

      
          
またその頃に山頂登頂の4人組とケイタイ電話で連絡がつき、4人の現在地は大山阿夫利神社下社
あたりとのことです。
当初は午後5時に夕食の伊勢原市内のお料理屋「山水亭」の迎えのバスを予約してましたが、阿夫利神社下社
から滝や見晴台へと足を延ばさず下山したので時間の余裕があり過ぎ、バスの出迎えを30分繰上げ、
4人組にもケーブルで下山し合わせるようにと依頼、午後4時半頃には全員が揃いました。

          
           大山山頂登山の元気組の4人です。

4人組の報告では午前中は風が強くまた山頂は数センチの積雪で泥濘が随所にあり歩き辛かったとのことです。
そして今度は登頂組を加えた参加者全員で記念写真を。

      
     
迎えのマイクロバス2台は4時20分に到着、5時前に山水亭に着きました。
実は今回の目玉である大山豆腐の食事処の選びは、インターネットの検索では門前通りではいろいろと
ありますが、この辺りはどうも「御二人様」向きで、我等の団体様にはお値段で若干難あり。
そこで伊勢原在住の柴田君に相談の結果、当所を紹介してくれました。
前以て手元に届いた当店のメニューから選んだ料理は「豆腐づくし松花堂弁当」¥2,500.を予約。
通されたのは2階の掘炬燵の大部屋で雰囲気と料理に皆さん大満足の様子でした。

 これに天ぷらとお鮨が付いています。
 

   我ら一行には好評でした。機会があればご利用をお勧めします。  山水亭

たっぷり食べて飲んでお土産も買い込み、6時半に食事を終わり、送りのマイクロバスで伊勢原駅まで送られ、
午後7時頃の電車で家路へと向かいました。

トップに戻る
レクの頁へ