丑寅エイト No.89

講師 飯田恵一郎 (8組)
題名 旗琉信号と海運よもやま話
開催 2008年7月24日
総員 23名

 


                
                  

飯田君は現役時代は海運会社に所属、2002年2,3月の丑寅エイトでは海上輸送その1,2として
海上輸送へ船舶に関する諸々の話をしてくれました。
また彼は2006年7月には英米文学雑感と題する話をするなど話題は尽きません。

今回は海運に関する話の続きとして「旗旒信号と海運よもやま話」と題し灼熱の外気を忘れさせる
2時間でした。

講義のプログラムは次のとおりです。

海運(植物油漕船) 
   彼はこの分野に長く携わっており、今回はこの分野の話です。
   植物油漕とは主にマレーシア等を原産地とするヤシ油やココナツ油を東南アジア諸国はじめ
   世界の各国へ輸送する専用船に纏わる海運の話題です。

   1.航行区域
   2.海技免許
   3.船舶トン数
   4.植物油槽船 配管図
   5.荷槽構造
   6.植物油 輸送温度
   7.テレグラフ
   8.Steering Gear
   9.旗琉信号   
     旗琉信号とは船舶が対船や陸上の監視施設とのコミュニケーションのため船上に掲げる
     信号旗のことです。
  10.Tank Cleaning

資料の量がかなり多いので掲載を省略し、国際信号旗に関しては彼の資料元のURLにリンクし
ご覧ください。

横八Hpのトップへ戻る
丑寅エイトの一覧へ戻る