丑寅エイト No. 82

2007年12月27日
講師 安藤 浩 (6組)
演題 唐の都、長安に関して
総員 12名

安藤の博識は丑寅仲間において定評があり、中でも漢詩を愛し中国に関する諸々の知識は並みではない、
というのが彼に対する我々の見方です。
彼は今年10月、4日間にわたり中国史の宝庫と言われる西南地方を旅行し古代中国に関する知識を更に
充電して来ました。
今回の講演では、前半は中国発祥からの変遷の過程、後半は今回旅行した西安の印象、そして彼が得意と
する漢詩に関し語ってくれました。
彼が長文の漢詩を諳んじ、黒板に漢字を淀みなく書くその博識には、今回の受講者一同敬服あるのみ、
との次第でした。

   

話は多岐に亘り、私自身十分に内容を把握し切れないため、講義内容の概要報告は省略させて頂き、
下記のレジメを参照して下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

               今回のレジメ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
         中国地図 (陜西省、山西省、河南省の部分)
           黄色マークは主要都市、西安はプラス赤マーク 


                     2頁目

       西安の説明、 下絵図の上図は西安周辺、下は西安城内図    

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                 上図の城壁内部分

          さらに城壁内(上の赤枠内)の宮城と皇城部分を拡大


横八Hpのトップへ戻る
丑寅エイトの一覧へ戻る