平成19年度定例幹事会(第2回)報告

成19年8月31日(金)午後2時〜5時、ウ゛エルクよこすか4F研修室にて執行部役員、組幹事、
同好会委員の総員25名で開催された平成19年度定例幹事会(第2回)の概要を報告します。
当幹事会議事の資料は以下の通りでです。(資料ー3は掲載省略)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                      資料ー1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                        資料ー2
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幹事会は上記資料−1、2により進行、主な補足説明及び討議事項は以下の通りです。
  
 1.平成19年度八期会&同窓会の開催(案)について   
   執行部の提案に賛同し実施を決議、主な付帯説明、討議及び補填事項は下記の通りです。
   1. 出席者の目安は80名見当である。
   2. 今回の会場は気分一新のため上記のさいか屋内会場を選定した。
   3. 時間の大枠は開場、受付:12:30、トークショウ:13:00-14:30、総会&宴会:15:00-17:00である。
   4. 写真撮影は例年通り行なうことを確認。
   5. 宴席はテーブル形式とし、各テーブルの席配置は昨年に準拠しクラス主体とする。 
   6. トークショウの講師を依頼する宮田珠巳氏(資料ー2のプロフイル参照)は宮田(旧姓嵯峨山)くみ子さん
      (2組)の息子さんです。
   7. 講師へは謝礼の他、感謝の気持ちとして著書を適当部数を購入、サインの場を設け謝意を示す。
      謝礼の額、著書の選定、購入部数は執行部一任。
   8. 開催案内書の送付について
      * 毎年、出欠の返事が無い者(なしのつぶて)が70名程度おり、その取扱いに対し、
        今回の案内状に「今回のご案内に対し返事が無い方は次回よりの案内は致しません。」
        との文言を入れ、今回は全員に案内状を発送する。
      * 案内状発送の経費節減のためメールを利用しようという提案もなされたが、問題もあり
        決定は執行部一任とする。
   9. 前回の会計報告を式次第の中に折り込むか、会長挨拶の中で述べる必要がある。
   10.  役割分担
       司会:今成、写真:石渡、校歌指揮:近藤を確認、
       受付:奇数年は奇数組が担当し今回は1組永井、3組金塚、5組吉武、7組:八田羽に決定

 2. 創立100周年寄付の状況につき説明
   1. 朋友会醵金者の割合は全期生平均が25%に対し八期生は57.7%でトップクラスである。
   2. 記念事業に関しては、グランド整備、図書館整備等を分科会にて立案中である。

 3. 創立100周年の主な記念行事計画と八期の来期の同窓会に関し、 
      記念式典   平成20年10月25日  横須賀芸術劇場:湯川晃平(1組)が参画
      同祝賀会   上記終了後       ホテル・トリニテイ横須賀( 旧横須賀プリンスホテル)
      美術・工芸展                横須賀市文化会館 :梅沢加枝(1組)が参画
    
     来年度の八期総会・同窓会の開催の有無については上記の式典との兼ね合いもあり、
     執行部に暫くの余裕を与えて欲しいとのこと。

 4. その他
     また100周年記念行事の一環として展示するに相応しい品があれば是非協力して頂きたいとの
     ことです。
                                                    以上
            

トップへ戻る
八期会へ戻る