丑寅エイト No.67

開催  2006.09.28
首題  東京裁判
講師  河崎 清二 (2組)
総員  18名


彼はこれまでに様々な分野の話をしてくれましたが、今回は我々が小学生の頃深く脳裏に
刻まれた「東京裁判」への挑戦です。
冒頭,「自分は右翼でも左翼でもない、強いて言えば僅かばかり右サイドかな」とことわり、
東京裁判に関する記憶を呼び覚ましてくれました。
今回の講義に際し、彼は本裁判について書かれた4冊の著書を2回に亘り熟読、裁判の背景、
諸外国の思惑などを判り易く話してくれました。
そして今、東京裁判とは切り離せない「靖国問題」につき、討議の場を与えてくれました。


        

 
 

  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

                        下 資料1/6頁

                       下 資料2/6頁


                        下 資料3/6頁

        以下原資料の文字は小さいため、スキャナーした資料の判読がより難しいことをご了解願います。

                        下 資料4/6頁

                        下 資料5/6

                       下 資料6/6

この頁の冒頭へ
丑寅エイト経過の頁へ
トップへ戻る