丑寅エイト No.66

日    平成18年8月24日(木)
講師   安藤 浩 (6組)
題名   漢詩の話 (詩人の人生、その魂)

総員21名


今回の講師、安藤浩君のライフワークとしている漢詩の話の2回目です。
先ず漢詩が作られた時代の年表を書き、その時代の背景を述べ、漢詩が近代詩として
成立、発展した唐、特に三大詩人、李白、杜甫、王維に絞りその人生、魂、交遊などを
含め説明してくれました。

驚くには数多くの漢詩を記憶しており、白板に空で次々に書くその博識は、さすが丑寅
エイトの代表です。

 
      
     当時の中国地図。
     広大な国土の交通は当時も黄河と長江(揚子江)の二大河川が大動脈となり、
     クリークが随所に掘られ、その間を結んでいました。
   

                
                     今回のレジメ


                        −王維ー


                     ー 李白ー

                      −杜甫ー       

頁の冒頭へ
丑寅エイト経過の頁へ
トップへ戻る