丑寅エイト No.65 

講師  :飯田恵一郎(8組)
題目  :英米文学雑感
日時  :2006.07.27 (木)
総員  :21名

飯田君は3年前から慶応大学文学部通信教育課程で英米文学を勉強しています。
安藤からその成果として、最新の英米文学について話して欲しいとの依頼を受け、英米両文学と
なると、あまりにも範囲が広大なので、今回はアメリカ文学に絞りお話します、とことわりで講義は始まりました。

先ず、文学、浅学、碩学の三つの言葉を黒板に書き、文学とは、「人々が想像力をもって、思想、
感情を言語、文字で表現した作品、すなわち物語、小説、詩文、戯曲等である」、との定義し、
アメリカ文学、小説の歴史を話してくれました。
本日のレジメを拡げて講義の要点を以下に抜粋します。

第1期  1607年、英国がアメリカ大陸に植民地を南部バージニアに作った頃。
      ピューリタン達に神権政治の下で自己と神との関係を瞑想する説教で文学的に優れた作品
      はない。
第2期  1830〜1860年の30年間はアメリカ・ルネッサンスと呼ばれる黄金時代。
      エマソン、サロウ、ホイットマン、メルビイル、ポウ、ホーソン等、私達の馴染みの作家が傑出し、歴史に
      残る名作を産出している。
      そして、我々年代には馴染み深い、ホーソンの著名な長編小説、緋文字(The Scarlet Letter)や
      メルビイルの白鯨(The Mobyduck)の小説の背景を語ってくれた。

以降   1830年   南北戦争による一時期の停滞

      1930年代  第1次世界大戦後の20代作家のヘミングウエー、ホックナー、30代作家のスタインベック、
              ウルフ、サロヤン等の登場で秀作が生まれている。
      1962年  ノーベル文学賞のスタインベックの登場。
              スタインベックの作品中、(怒りの葡萄)、(エデンの東)などは聖書に描かれた物語 
              に基づくものであること、等々。 
              

そして彼の文学に対する雑感を記述すると、
  1. 英語という言語を理解するのは、語彙の意味を豊富に把握すると同時に歴史の知識が
     必要であること。
     単語の日本語訳を辞書で言葉を知ることに合わせ、英語による本来の英語の意味を知る必要がある。
  2. 英米文学の根本はキリスト教なる宗教の歴史に根ざしているため、宗教の知識に基づいた
     生活実態を把握することが必要である。 
 
休憩後の第2部、
  その1は、
  我々が日頃生半可に齧っている意味とは違う、生きた英語の意味が披露されました。   

     Apple Polisher :ごますり
     Drug Store と Phermacy の使い方:Drug Storeは雑貨屋の概念、Phermacyが純粋の薬局です。
     Picnic:ピクニックには次の2つの使い方があります。
            1.屋外(戸外)で食べる簡単な食事
            2. It's no picnic で「遊びじゃないぞ、しっかりしろ!」という意味。
     Water: 日頃の調子で、「水だ,水だ」= Water!、Water! と叫んだら、バケツに水を持ってきます。 
          飲水は a Cup of Water,又はDrinking Waterと言ってください。 
     Culture School:
          我々が日本で言うカルチャースクールは奥様の誉れ高いを”お習い”を意味しますが、
          欧米でCutureと言うと, Cultivate 即ち耕すという意味が先行し、日本で言うカルチャースクールとは
          ちょっとニュアンスが違います。
     Finishing School:花嫁学校
     Tax Heaven=Shelter for saving taxation、税逃れ        
                                                まだまだ色々ありました。

 その2は、
 彼が平成16年の夏季スクーリングで提出した小論文より、我々が判っているつもりで自分で勝手に
 解釈して使っている接頭語、接尾語やカンマ、コロン、セミコロン等の明確な使い分けの説明がありました。
 
 今回の講義は、頭の隅に残っていた昔の記憶を呼び覚まし、錆付かせては勿体無い、という刺激を
 与えてくれました。
 呑み助のおじいさん、おばあさん、老込むのはまだまだ早いです。
 反省したかな?


                        デジカメ・スケッチから  
  
    
     
    
            

この頁の最初へ
丑寅エイト経過の頁へ
トップへ戻る