横八会員投稿  No.56

投稿者   近藤礼三 (6組)
タイトル    愛知万博と明治村 2泊3日の小旅行記
掲載     2005,09,08

万博開幕1月後の4月27日、私は朝発夜行帰りの1万円パックの下見の旅。
その模様は投稿No.34 「愛知万博一人旅」にてご記憶のことと思います。

暦も9月に換われば児童の夏休みも終わり、さしもの万博の混雑は柔らみ、
気候も良くなるだろうとの思い、今度は家内共々、愛知万博と明治村見物
2泊3日の小旅行を9月5日(月)〜7日(水)に行いましたので、報告します。

さて、万博の異常人気、その混雑は9月に入っても衰え知らず。
台風14号の接近などものともせず、5日は13万5千人、6日は12万4千人と
すさまじき入場者数。雨、強風、じめじめした熱気の中で人気パビリオンの入場は
2〜3時間待ちは当り前、一日10キロは場内をさまよい歩くという異常な雰囲気、
家内共々ホテルに帰るとバタンキューの2日間でした。

そして3日目に明治村を訪れました。
名古屋駅から名鉄電車とバスで約1時間、ここは万博に客を奪われたのか、静かで広大な
のんびりとした雰囲気の中で、明治の気分を存分に満悦し生気を取戻しました。

食いしん坊な私は万博の食堂のぶったくりの商魂に憤慨していましたが、明治村の
一時代前のメニューと妥当なお値段とボリュームに嬉しくなりました。
明治村は今年で創立40年、まだ訪れていない方は一度は訪れても後悔はしない場所だと思います。

今回は万博と明治村の写真をお見せします。

先ずは万博美人から

 


 

 

NEDO館に世界の優秀写真が展示されており、その素晴らしさに感激、
それらの数枚をデジカメに収めました。 
  

  

 


これぞ腹が立つ万博レストランの食事です。
スリランカ・レストランの昼食、エビカレー ¥1200     夕食は名古屋名物味噌カツ丼 ¥1000
 
初老の私でもボリューム不足(*1)、2日目はホテルの近くのコンビニでオムスビを買いこっそりと持込み
(*2)、レストランの食事にプラスし空腹を凌ぎました。

 ( *1) 若い人や外人には間食の量です。
     食堂は場所、従業員の応対、即席の質、町の2倍近い値段、何を取っても最低です。
    主催者側の短期決戦という弁解はともかく、今回の万博の最大の汚名でしょう。

 (*2) 万博は外で買った弁当や飲み物の持込み禁止、入場時のカバンの検査は空港並みで
    見付かれば廃棄処分。食中毒の防止のためとは屁理屈もいいところ。
    当初は持込みは全面禁止でしたが、小泉総理のクレームで自家製ならばOKということに
    なりました。当然のことです。

さて、打って変わって暢気なのは明治村の食堂です。 
昔懐かしい浪漫亭の入口には本物そっくりの見本のメニューが置いてあります。
そして見本を見ながら何にしようかと決める楽しさ、これぞ日本が世界に誇るシステムです。
私は即決でオムライス、家内は熟慮3分でハヤシライスを。
運ばれた本物もも見本とほとんど同じで見本に較べて貧弱!などという町場の浅ましさなど全く
感じさせませんでした。           
 
     
    
  

 トップへ戻る
一覧へ