横八会員作品集 

No.28  
投稿   伊藤 博(7組)
タイトル   歴史探訪シリーズ 2点
掲載日  2005.04.11

歴史探訪
 
  その1 
  
  国立公文書館にて、徳川歴代将軍が愛読した書物が公開展示されています。
  為政のヒントは何から得たか、その原点に触れることができる貴重な機会で、一見に値します。
  あわせて、我が國の活字出版の普及に対する歴代将軍の努力も知ることが出来ます。

 
        


 
 その2 義経展
 
  千葉市美術館において「義経展」が開催されています。
  この展覧会は、NHK大河ドラマ「義経」と連動して、全国各地に残る義経ゆかりの遺品の数々や、
  主要な合戦場面を描いた絵画、同時代の人々の肖像画や書、さらに平清盛が厳島神社に奉納
  した国宝「平家納経」をはじめとする多数の美術工芸品などで構成され、その展示内容が極めて
  濃く半端じゃない。
  若き源氏のスーパースター義経と平家一門の偉大なる指導者清盛、そして義経を庇護した奥州
  藤原氏の足跡を国宝19件、重要文化財28件を含む作品170点でたどるものです。
  修験道に関係する山々の遺物や近現代の日本画家の作品も見所でしょう。加えて、義経に関係の
  深い千葉氏の歴史まで紹介され一見に値します。
 
  千葉市美術館は政令指定都市に相応しく優れた企画展が目白押しで、その充実した内は斯界より
  高い評価を得ています。


         

 トップへ戻る
読者投稿の目次へ戻る