横八会員投稿 No.662

投稿者:近藤礼三 (6組)
題名:ぶらり散歩、弘明寺から三殿台遺跡へ
掲載:2016年4月27日(火)

5月連休前の4月26日(火)、久々の快晴、家内は衣替えで大忙し、今日のひとりぶらり
散歩の行き先を京急弘明寺駅で下車、弘明寺商店街を抜け三殿台遺跡へと選びました。

京急の快速、特急の停まらない弘明寺駅で下車することは滅多になく、久々の下車です。
改札口を抜けるとすぐに弘明寺の仁王門の前、石段を下り本堂に参詣、観音様に手を合わせ
弘明寺商店街に出ました。
昔懐かしい商店街が残っています。
食堂、惣菜屋さん、豆腐屋さん、と大感激、今晩のオカズはここで買うと再び弘明寺に戻ること
決めて先へ向いました。

商店街出口ー市営地下鉄弘明寺駅ー横浜国大工学部発祥記念碑の前を通り、南警察署の脇を左折、
狭い道路を直進、新興住宅が無計画に建てられ道は狭くなり行止まりではないか、と感じますが、
目的地は丘の一番高い所にありと一途に進むと、やがて尾根に出ます。
尾根にも住宅がミッシリ、左に曲がり、尾根の頂部に三殿台遺跡がありました。
数十年前、ここを訪ねたことがあり、その時は住宅は疎らで高台の遺跡に相応しい絶景の場所
でしたが、現在は新興住宅の頂に残った太古の地といった感じです。

* 京急・弘明寺駅下車、観音参詣10分、商店街通りを10分、商店街出口から遺跡入口まで
  30分、ただし上り坂の標高55.1mはちょっとキツイかな。
  キツイと思う人には「弘明寺」バス停から市営バス219系統、弘明寺~三殿台公園循環、
  三殿台バス停下車、徒歩3分があります。

事務所に管理人がおり、親切に説明を受け、古代の人は水はどうしたのだろうと尋ねたところ、
当地周辺はかっては森林で、所々に泉があり、沿岸も近かったのはないか、とのことでした。
詳しくは添付の案内をご覧下さい。

滞在30~40分、その後岡村小学校脇へ下り、岡村天満宮ー岡村公園、岡村梅林を抜け、笹堀バス停へ。
普通はここからバスで弘明寺や港南台に出ますが、私は旧鎌倉街道を歩き弘明寺に戻り、商店街を散策、
念願の今晩のオカズを買い帰路へと向いました。

散歩時間は約3時間、歩行距離は6キロ程度か、今頃の季節は絶好な散歩コースでお勧めします。

問い合わせ先:横浜市三殿台考古館:Tel.045-761-4571  詳細:検索
          横浜市磯子区岡村4-11-22

                     本日のデジカメ・スナップです。

                        弘明寺の境内
  

       弘明寺観音                       弘明寺商店街
  

 弘明寺・横浜国大・工学部発祥の地                三殿台遺跡
  

  

                     岡村天満宮                               岡村梅林
 


                  国指定史跡   三殿台遺跡のパンフレット


 主要項目へリンク   20150622版
 表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁