横八会員投稿 No.644


投稿者:大川宗男(4組)
題名:五十嵐 稔先生を偲ぶ
掲載:2015年12月27日


         《 五十嵐 稔先生を偲ぶ 》
 
  この夏、横高OBの朋友会誌が届き、ふとページをめくっていると
 小さな訃報の欄に:
 「五十嵐 稔先生(理科) 昭和24年から41年(在職) 
 平成27年3月27日ご逝去」謹んでご冥福をお祈りいたします」
 とあり、衝撃を感じて、長い間の疎遠を謝し陰ながらご冥福を祈りました。
 
  歳の瀬もせまりくる今、ここで先生と共に写った、たった一枚の写真と
 山岳スケッチを公開して先生との思い出を偲びながら追悼致したいと思います。
 
  五十嵐先生とは音楽の恩師青山光子先生(後にご結婚)との関係で在学中から
 お付き合いさせて頂きました。
  先生はクラシック音楽の造詣が深く、カメラ・登山がご趣味で、先生に
 撮って頂いた横高在学中の多くの写真、とりわけ音楽部の演奏会や県コンクール
 での独唱画像は私の一生の宝物と言えるでしょう。
 
  小生が高校を卒業し芸大に学んでいる時期もお付き合いは続き、当時高価だった
 クラシックのLPレコードを惜しげもなく何枚も貸して下さいました。
  先生との思い出の中で、私の人生に最も影響を与えてくれた事は北アルプスに
 踏み込んだ登山でした。大学二年時に先生に連れられて往った「燕岳~槍ヶ岳」
 縦走での3000メートル級山岳の峰々を初めて目にした感激は一生忘れません。
 
  それから二年後、大学最後の年は何故か先生と二人だけの山往きとなりました。
 今度は北アルプスでも難関といわれる山小屋二泊の「槍ヶ岳~北穂高・奥穂・前穂」
 縦走でした。当時井上靖の小説「氷壁」が映画化された影響もあったかと思います。
  
  下の写真はその時の夜行朝着きで、これから梓川沿いに歩いて槍に登る前に先生の
 カメラで何方かに撮って頂いたものだと思います。
  カメラ愛好家に良くある事ですが先生はご自分が被写体になる事がお好きでは
 なかったようです。だからこの一枚は私にとってとても貴重な思い出となりました。
  
  横高在学中、五十嵐先生の物理科目等を履修したことのある八期諸君と共に先生を
 偲び、共に心からのご冥福をお祈りしたいと願っています  
  (尚、蛇足で恐縮ですが、好天に恵まれた槍ヶ岳頂上からの小生のスケッチが見つかりましたので
            添付します。色は後から絵の具でつけました。)


       

      1959年8月上高地河童橋にて                 北アルプス槍ヶ岳山頂から北穂・奥穂高を望む

 主要項目へリンク   20150622版
 表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁