横八会員投稿 No.625

投稿:近藤礼三 (6組)
題名:お宝発見「戦争と平和」のレザーデイスクを見付けた。
掲載:2015年8月30日

石川勝之助君(1組)の企画とDVD提供で1965~1967年旧ソ連が国家の威信を掛け制作した
トルストイの名作「戦争と平和」の鑑賞会を、丑寅エイトで行うことが進められている。

その話しを聞いたその晩、我が家にはオードリー・ヘップバーンの「戦争と平和」がある筈どと戸棚を物色、
見付けたのはDVDではなく、なんとその一時代前の下の写真に示す「レザーデイスク」でした。
写真をご覧下さい、よくぞ残っていたものです。

映写時間も208分(3時間28分)、両面録画2枚のレザーデイスクが収まった立派なアルバムで、
購入記録は1992年2月で定価¥6,700、税込み¥6,901、販売元:パイオニアLCD 、当時の収入から
みてかなりの出費、よくぞ買えたものです。
余程この作品に感激したのかも知れません。

音響の世代変わりは激しいもので、当時カラヤンも絶賛したというレザーデスクは今や博物館的な
存在で、開発したパイオニア(株)は文字通り企業のパイオニアでしたが、今はどうも影が薄いようです。
しかし、さすがは音響のパイオニア、今は我が食卓で「テレビの音を手元で聴く手元スピーカー」の
メーカーとして、我が卓上で衰えた五感の働きをサポートしてくれます。

所有しているレザーデスクは、この他に「3大テナー」や「美空ひばり」、「カラオケ」等々盛沢山。
数年前に前世紀の遺物として処分も考えましたが、逆にLegendと値打ちが出るかも知れない、という
貧乏根性で捨て切れず。
しかし、ネット検索ではレイザーデイスクの 戦争と平和は中古品、¥300~¥800では、この世から
消える以外は存在価値が無さそうです。

                                         

 

 主要項目へリンク   20150622版
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁

丑寅エイト、「戦争と平和」鑑賞会開催