横八会員投稿 No.597

投稿:成瀬哲郎(5組)
首題:大先輩・位野花靖雄氏のIS組織に関する見解
掲載:2015年3月4日

成瀬君から下記メールが届きました。

近藤さん、
 ある先輩、10年以上の大先輩ですが、この人大阪外大卒後丸紅に入り、アラビア語が専門ですので、中近東部門に在籍し、
深く中近東ビジネスにかかわり、バグダッドやチュニジアにも駐在していました。日航機がハイジャックされチュニス(?)に
着陸させられた際には、NHKのTVで、大使館の人と一緒にいろいろコメントしていたのを記憶してい ます。

 その人からイスラム国についてのコメントが送られてきました。
***過激派 組織イスラム国の狂気の行動が伝えられてきています。誰もが受け入れがたい行いだと思うの ですが、
   現地では共感を持つ人々も少なくないようです。愚見をまとめてみました。***

流石と思わせるところもあり面白いので、ご参考までに送ります。
HP
に載せるかどうかは近藤さんの一存にお任せします。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記文章に関し、近藤から成瀬君の以下の返事をしました。

IS組織の限り無きエスカレートに関する、位野花氏の小文を読ませて頂きました。
IS
の悪魔の行為に関しては、これまで様々な諸説がマスコミに書かれましたが、背後にイスラーム宗派のスンニー派とシアー派の
対立が根幹である、との提言はかなり的を得ていると思います。

生まれた時は神教、結婚式はキリスト教、死んだ時は仏教でと一生に3宗教を経験する日本人、イスラムを軽視する欧米人に
とっては、イスラム圏で生まれ育った民族のイスラム教に対する信念に理解し難いものがあって当然です。

異宗教に対する考方は、ご承知のように国や民族、時代、教養、境遇、収入等によりかなり隔たりがあります。
私は中近東で長期、イスラムに接しながら、スンニー派とシアー派が鋭い対立をしていることを知ったのは、約10年前、中東の宗主国
謂わば親アメリカの双璧であるサウジアラビア(スンニー派)の膝元のバーレン国(スンニー派2割の支配層に対し、下層の8割はシアー派)
でクーデターで起きそうだと言う時でした。

宗派の対立で戦いが起きるということに対しては、異教徒は鈍いのかも知れません。
IS組織が野放図にエスカレートしている原因は勿論、それ以外にもあるでしょう。
しかし、宗派の対立が主因とすると、アメリカやヨーロッパ、また遥々東洋から日本人等の外野が出て行っても火傷をしかねず、
解決は21世紀の大仕事なると考えられます。


横八仲間の間に、思想、政治、宗教等の見解の相違や対立を生じる記事の掲載は当然ながら避けていますが、今回の成瀬君の
危惧に関しては、それには該当しない、IS組織の脅威に関する貴重な一見解との判断で掲載しました。
                                                  近藤礼三

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上の経過を経て、成瀬君のご先輩・位野花氏の小文を掲載します。

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁