横八会員投稿 No.573

投稿:伊藤義郎(8組)
題名:ブルーベリー摘みの体験
掲載:2014.07.08

 先般夫婦で甲府の義兄弟を訪ね、ドライヴに行った際

 義妹の紹介でブルーベリー摘みの体験を投稿します。

 

 『72日つゆ曇りの中、ワイフの故郷、山梨県甲府市に向け愛車トヨタ・プレミオを

  駆って出発。

  秋谷の取れたて卵、旭屋の祐次郎コロッケ等々、土産物をどっさり買い込み

  西湘バイパスを西進、途中混雑判明の為、大磯より北進、小田原厚木道路大磯ICに進入。

 

  小田原到着の頃には、腹時計が12時を指している。毎度の事ながらかまぼこの鈴廣が

  オイデ、お出でをしている。今晩の義兄弟との再会を祝しての一杯用つまみにかまぼこを

  購入。種類が豊富なので選ぶのに迷ってしまう。板かま、揚げかま、チーズかまetc.

 

  昼ご飯はいつもの通り、鈴廣の喫茶コーナーでオレンジ・シフォンケーキ、バナナタルト、

  Hot Cocoaで済ます。昼食後、以前吉田隆司君に教えてもらった、小田原の干物屋・山安に

  立ち寄る。甲州は信玄公の時代より、海産物に憧れ、アワビの煮貝などがいまだに珍重

  されている。干物は喜ばれる。金目・アジ・カサゴ等中国産は避けて土産にする。

 

  小田原を後に、箱根・乙女峠越えを敢行、御殿場に出る。御殿場にはこれもお馴染みになった

  フルフールというfruit jellyのお店がある。人数分買い入れ出発。

 

  東富士道路を北進。途中道の駅すばしりでトイレ休憩。更に北進、大月より中央高速に入る。

  天気不良の為か富士山詣で客は少なく道はスイスイ。3時過ぎには甲府着。翌日のブルーベリー

  摘みに備える。

 

  3日も朝から曇り空、甲府市内より車を40分飛ばして、北杜市白州の農場到着。普通入場料、

  1,000円必要だが、義妹の顔で無料。何しろ妹はOne seasonに何十回と摘みに来ており、

  上客となっているらしい。

  

  写真にあるようにネットで囲われた中に、たわわに実ったベリーが一杯。摘むのも忘れ、

  口にほおばる。今年のは甘い。去年は天候不良で作も良くなく、甘みもそれほどではなかった。

   

  

  一時間半程摘むと夫婦共同作業で7キロの収穫。キロ\1,000.-で買い取り帰路につく。

  白州の道の駅に立ち寄り、昼食を調達、安全運転で甲府市内へ到着。

   摘み取ったベリーは帰宅後、JAMに変身。一年間Yogurtと一緒に楽しみます。』

 

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁