丑寅エイト 第152回

開催:2013年8月22日
講師:大塚勘治 (7組)
演題:切り裂きジャック

大塚君は国内では海外探偵小説の翻訳者として著名、特に切り裂きジャックの研究においては
ペンネームの仁賀克男としてその道の第一人者である。

丑寅エイトの登場は今回が4回目、第1回は本業の海外探偵物の話、第2,3回は話題を変えて
趣味の江戸川柳を、そして今回は再び探偵物に戻り、最も得意とする切り裂きの話である。

 * 彼はは本来は石油会社勤務の海外駐在が長い社員が本職で、翻訳家も江戸川柳も
    趣味、あー羨ましい。こんな人材も我が八期の一人とは。

そして今回は先ずは、ペンネームの由来からスタート。
本名の大塚勘治<オオツカカンジ>、これを逆さに読むと<ジンカカツオ>→仁賀克男というわけである。
そして本題の海外探偵物の中では、最もお手の物の切り裂きジャックに絞った。

切り裂きジャックは、今から130年前、イギリス・ロンドンの下町に発生、わづか71日の間に5人の女性が
殺害され、内臓を切り裂かれるという実際の怪奇事件。
その事件の背景、事件発生後から現代にいたるまで続く話題性等をプロの目を通して語ってくれ
た。



今回のレジュメ


主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁
伊藤博目次へ戻る