横八レク、2014年第1回 隅田川七福神めぐり 報告

開催:2014年1月15日(水) 
    都営地下鉄浅草線、押上駅改札集合午後1時
今回の参加者:
    近藤、神澤、小松、千葉、山口、倉田、知久、足立  合計8名

横八恒例の新年の七福神めぐりは今年で7回目。
県内で由緒あるコースも出尽くしたようで、今回は東京下町の有名な隅田川七福神めぐりに
足を延ばしました。
新年のほとぼりも冷めた頃が良かろうと、選んだ日は15日(水)。
しかし、またもや「嫌がらせ」は当日の天候でした。
元旦から、表日本は連日の晴天続きなのに、1週間前の週間予報はなぜか当日の1日だけが
曇りで翌日からはまた晴れマークの連続。
誰だ!、厄病神は!

昨今の天気予報は実に正確で、2,3日前の予報は当日は小雪かも知れませんとのこと。
その通りとなりそうで、前日の夕刻頃からどうも雲行きがおかしくなり、テレビは寒冷前線の
接近で初雪に見舞われる気配濃厚との画面です。

そして当日、どうやら雪は免れそうですが、気温は北海道並みの異常低温です。
家内との会話で予想していたように問い合わせの電話は既に3通、しばし悩んだあげくに、
やるぞ!と意思決定、横八Hpに掲示し、メールを送信し自宅を出ました。

待合わせ場所の押上駅は、ご存じの東京スカイツリー駅と棟続きの複雑な作りで、多少は彷徨った
ようでしたが、全員顔が揃って30分遅れで出発。
押上駅の地下2階の改札出口から長いエスカレーターを上りると、そこはスカイツリーと一体の商業街
で、横浜そごうに匹敵する巨大な売り場に国内外の有名処の土産店がずらりと並んでいます。
正月は人波でごった返したそうですが、本日は極寒のためか混雑もなく、店の見物は次の機会にと、
どこにも寄らずに屋外へ出て、スカイツリーを見上げると、どうやら方向感覚が掴めました。

そして、我々を越える老齢で薄汚かった旧名業平駅が、スカイツリー駅と改名されてお化粧し、
AKB48並みに若返ったを姿を後に、午後1時45分、隅田川七福神めぐりへとスタートです
   
              参考:隅田川七福神めぐりコースHp

    順番は牛嶋神社(この神社は七福神には入っていません)、
    そして、@ 三囲神社 (恵比寿天、大黒天の両兼)  A 弘福寺 (布袋尊)
         B 長命寺   (弁財天)
            ここで言問団子に立ち寄り名物言問団子でご一服。
            それから桜餅の店にも寄って各自お土産を買いました。
    ここで一言アドバイス:言問団子の店は一休み団子3個とお茶で600円、桜餅の方は桜餅1個と
    お茶で230円。正直言って残念遅かったというところでした。
  
    次は  C 白髭神社 (寿老人) この神社には山口君のお得意に鳥居がありました。       
         D 向島百花園 (福禄寿)
    この後は金塚彰夫君の演題の「白髭防災拠点」の巨大な都営団地に沿って歩きました。
    そして最後の
         E  多門寺 (毘沙門天)に到着は4時半頃でした。
         
        
      

      

 三囲神社、背後のコンクリートの鳥居が山口君のお気に入り、三井家紋章入りの秘仏の鳥居です。
 

            下の写真の金塚君の話の都営団地の白髭防災拠点
             ビルの頂上には巨大な水槽がデーンと居座っています。
                 

        最後の多門寺で全員揃って今回の隅田川七福神めぐりの記念写真。

そして東武伊勢崎線の鐘ヶ淵駅より浅草駅に到着。
浅草仲見世を探せど我らに適当な店が見当たらず、大通りの飲食ビル3階の串焼き飲み屋で
程良く飲み食べ、そして語り合いお開きは8時頃でしょうか。
そして、都営地下鉄浅草線で一気に家路へと向かいました。

           参考:隅田川七福神めぐり 東武鉄道Hp

主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁