横八会員投稿 No. 552

題目:我がパソコントラブルと保険の威力
投稿:近藤礼三 (6組)
掲載:2014.01.16

昨年の12月27日(金)夕刻より、横八Hp制作、管理に使用している我がパソコンの様子が突然
異常を呈しました。

異常とはパソコンを立ち上げると、下の写真に示す画面の下側の約3/4の面積にわたり微細な
無数の縦横線が走り画面の判読が難しくなる状態です。
パソコンのOSは機能しますが、スイッチの場所を探しON OFFの操作以外は使用不可能な
現象です

      正常な状態                     異常発生
       

しばらく放置しておくと治まったり、また現れたり、使用を諦め暫くしてから電源をいれると
今度は正常な画面が現れたりする気儘な欠陥で、我がパソコン歴20余年で初めての現象です。

パソコンメーカーNECのトラブルサポート 121WARE.COMで調べた結果、上記の画面異常の
対処方法として下記の記載が記されていました。

  1. デスクトップの画面を切り替える。
  2. 放電処置を行う。
  3. 液晶部分を開閉し、表示状態の変化を見る。
  4. BIOSセットアップで現象を確認
  5. タッチアップ搭載機種は、機種独自の注意点を確認。
  6. デイスクドライバーを再インストールし結果を確認。
  7. システムの復元を確認。
  8. 再セットアップし結果はいかに?

以上にように、パソコンオタクでないと、出来ないような難しいことが書いたありますが、
この際挑戦こそ、解決への道。
画面の調子の良い時を見て、1,2に挑戦。
すると、やった!とばかり異常は見事に解消しました。
しかし、喜びは瞬時で終わり、翌日からまたまた異常が再発。
そこで、我がパソコンの場合は3,5項は除外し、7項へ進むも解決せず。
この場合の異常は「パソコン本体またはデスプレイのトラブル」で、マザーボードまたは
デイスプレイの故障で、人間に例えれば重症扱いで概算修理費は¥81,900。

要するに、「貴方のパソコンは廃棄し、新品を購入しなさい」に等しい状況です。

そこで発揮したのが購入条件のPC3年間保証サービスパックでした
購入は2012年5月15日、代金¥106,680、保険有効2015年5月末。

さすが、天下のNEC。
12日(日)午前中に宅配便が引き取りに来て、15日(水)、横八レク隅田川七福神めぐり
で留守の日に宅配便で到着という日本企業ならではの企業精神です。

ここで皆様へのお勧めは、パソコンを購入の際は最低限3年保険を付加することをお勧めします。
我が経験では、パソコンはメーカー保障の1年は故障なし、3年以内には何かが故障し、その
修理費は数万円、そして5年を経ると、人間に例えると60歳で定年を迎えます。
この次に買う場合は、出来れば5年保障を付けたいところです。

話は変わりましが、IC Phone やIC Padの類の近代兵器。
パソコンよりの小さな箱にぎっしりと複雑な頭脳が詰められ、Made in Korea 最近はMade in China
が世界を制覇しているとなると、メカ・トラブルはさぞや多いと思うけど。

そしてトラブルで持ち込まれた機械の処置はどうしているのかな?
まずはポイ捨て、保険でカバーの世の中では、と憂うる次第です。



主要項目へリンク
表紙に戻る 勉強会丑エイトの頁 横八会員チャットの頁
八期会の頁 レクリエーションの頁 横八会員投稿の頁
八期会インホメーション 囲碁同好会の頁 横八会員自作のHp
行事カレンダーの頁 ゴルフ同好会の頁 母校、朋友会の頁